【Tバーローイング】フリーウエイト感覚で背筋群を鍛えられるマシン筋トレを解説

    tbarrowing.jpg

    背筋群に効果が高く、フリーウエイト感覚で行うことができるTバーローイングの効果のある筋肉部位とやり方のコツについて解説します。Tバーマシンはかなり場所をとるため、広く設備が充実したジムでないと見かける機会も少ないですが、もし、Tバーマシンを見かけたら、是非チャレンジしてほしい種目です。

    ■Tバーローイングが効果のある筋肉部位


    pullmuscle_20161206062942e62.png

    Tバーローイングはベントオーバーローイングと似た種目で、まずは僧帽筋と広背筋中央部に効果があり、ついで上腕二頭筋にも効果があります。また、姿勢を保持してトレーニングを行うなかで、二次的に長背筋群(最長筋・板状筋・多裂筋・脊柱起立背筋など)にも効果があります。

    ■基本姿勢のニーベントスタイル


    Barbell-rear-delt-row-2_20161204180748a2c.png


    ローイング系種目には共通する姿勢のコツがあり、ニーベントスタイルと呼ばれています。その姿勢の作り方は以下の通りです。正しいニーベントスタイルを作らずにローイング系種目を行うと、膝関節と腰椎の損傷の原因になりますので、しっかりとフォームを練習してください。

    ①肩幅よりやや広く足を構える

    ②膝の力を軽く抜き、自然に静止する位置まで膝を曲げる

    ③膝がつま先より前に出ないように調整する

    ④胸を張り背中を反らせ、お尻を少し突き出す

    ⑤顎を上げてやや上を見る

    ■Tバーローイングの動画とやり方のコツ






    男性と女性それぞれの模範的なTバーローイングの動画がこちらです。上記のニーベントスタイルを崩さずに、肘をあまり開かないように気をつけながらバーを引き寄せます。十分引き寄せたポジションで、さらに肩甲骨を寄せ背筋群を最大収縮させるようにするとさらに効果的です。

    なお、フィニッシュポジションでつい顎を引きがちですが、背筋の収縮方向に連動する首の屈曲方向は後ろですので、顎を上げるように気をつけてください。

    また、先に握力がなくなってしまう人は、サムレスグリップでグリップするか下記のようなリストストラップを用いるとよいでしょう。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500


    ■この記事を読んだ方におすすめの記事


    【バーベルベントオーバーローイング】グリップ方法による効果のある筋肉部位の差異

    【ダンベルローイング】背筋に効果大の筋トレ|各バリエーションとコツを動画つきで解説