【パイクプッシュアップ】逆立ち腕立て伏せができなくても三角筋に爆発的負荷を与えられる自重トレ

    20130730161753-pike-push-ups_(2).jpg

    三角筋に爆発的な負荷を加えられることで知られる逆立ち腕立て伏せ(ハンドスタンドプッシュアップ)ですが、かなりの高強度トレーニングなので、できない人も少なくありません。そのような場合でも、パイクプッシュアップを行えば三角筋を徹底的に追い込むことが可能です。
    写真:Tribesports

    ■パイクプッシュアップの効果のある筋肉部位


    pushmuscle_201612020518280a2.png


    パイクプッシュアップが効果的な筋肉部位は、大胸筋・三角筋・上腕三頭筋を中心とした「上半身の押す筋肉群」ですが、通常の腕立て伏せの負荷のかかる順番が大胸筋>上腕三頭筋>三角筋なのに対して、パイクプッシュアップでは三角筋>上腕三頭筋>大胸筋となります。

    ■パイクプッシュアップの動画とやり方




    こちらがパイクプッシュアップの基本的動作の動画です。単純な動作なので、あまり意識ポイントもありませんが、一つだけ、肩関節保護のために留意していただきたい注意点があります。



    それは、肘を開かないということです。肘は必ず体幹よりもやや前に出して動作をするようにしてください。また、肘関節保護のために、肘関節が90度よりも鋭角にならないように、やや手幅は広めにとることもおすすめします。

    ■足上げパイクプッシュアップの動画とやり方




    こちらは、さらに強度の高い足上げパイクプッシュアップの動画です。注意点などは通常のパイクプッシュアップと同様です。

    ■逆立ち腕立て伏せ




    こちらが、逆立ち腕立て伏せ=ハンドスタンドプッシュアップの動画です。後半部分には脚を使って動作を補助するチーティング法も紹介されていますので、ぜひ、ご参照ください。

    ■パイクプッシュアップにおすすめの器具類


    パイクプッシュアップに限らず、腕立て伏せ系のトレーニングにはプッシュアップバーの使用をおすすめします。プッシュアップバーを用いずに、直接床に手をつくと手首間接が90度に曲がったまま負荷がかかるので、手首損傷のリスクがあります。また、プッシュアップバーの使用によりより深く身体を下ろすことが可能になり効果も高まります。

    ●この記事を読んだ人におすすめの記事


    【腕立て伏せ35種類のやり方】初心者~上級者用から究極種目までトレーナーが解説

    【自重トレーニングメニュー最強版】筋肥大に効果抜群の種目と一週間の組み方を徹底紹介

    ●腕立て伏せにはプッシュアップバーを


    psb03-300x292.jpg
    ▼おすすめのプッシュアップバー

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

    なお、腕立て伏せ系トレーニングにはプッシュアップバーの使用をおすすめします。手首関節の保護になるだけでなく、可動域が広がりトレーニング効果が倍増します。

    ▼試用レポート記事

    【アクティブウィナー(ActiveWinner)プッシュアップバー】おすすめの理由と使い方|滑り止めと角度が最適

    ▼プッシュアップバー比較解説記事

    【おすすめプッシュアップバー】大胸筋トレーニングの効果を高める器具の種類や使い方