【ローストビーフダイエット】高タンパク質低カロリーで筋トレダイエットに最適

    ■ローストビーフがダイエットに効果がある理由




    ダイエットの間違った固定観念の一つに「肉」=「太る」というものがありますが、それは肉類に含まれる脂質が高カロリーであることからくる誤解です。脂質のない優良な肉類の場合、カロリーは炭水化物と同カロリーな上、大部分は新陳代謝に消費されるため事実上のカロリーはずいぶん低くなります。

    ローストビーフの多くは肩やももなどの脂質が少ない部位を使って調理されますので、脂身を避けて食べた場合、ダイエット食品の代表格であるササミとカロリーはたいして変わりません。

    また、牛肉には豊富なタンパク質のほかビタミン・ミネラルも多く含まれているため、基礎代謝自体が向上するというダイエット効果もあります。

    なお、ローストビーフダイエットは筋トレや有酸素などの運動ダイエットと組み合わせることにより、新陳代謝が促進され、より効果的です。

    ■ローストビーフのカロリーと栄養




    ローストビーフ100gあたりのカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー196kcal
    タンパク質21.7g (86.8kcal)
    脂質11.7g (105.3kcal)
    炭水化物0.9g (3.6kcal)

    なお、この数値は一般的なローストビーフを全食した場合のもので、脂身を除いて食べた場合、カロリーは1/2~2/3程度に抑えられます。

    ■ローストビーフダイエットの具体的なやり方




    ローストビーフと野菜のみを一日三食の食事のうちの一食に置き換えるのがローストビーフダイエットの基本的なやり方です。とくに、夕食の炭水化物を抜き、ローストビーフサラダにするのが効果的です。

    また、ローストビーフは既製品を購入すると割高になってしまいます。しかし、自作をすれば外産の肩肉などはグラムあたり100円強なので、ずいぶんとリーズナブルです。

    ■ローストビーフの簡単な作り方




    ①牛ブロック肉に塩コショウをし、フライパンで表面のみを強火で焼き上げます。

    ②表面が焼けたブロック肉を密封式のビニール袋に入れ、お湯で10~20分ほど加熱します。

    ③粗熱をとったら冷蔵庫で6時間ほど寝かせて完成です。

    ■ダイエットにおすすめのローストビーフ




    ローストビーフは自作をおすすめしますが、既製品ならこちらのような格安品をまとめ買いするのも比較的リーズナブルです。

    【ダイエット食品50特選】に戻る≫

    ●数少ない科学的根拠のあるファットバーナー



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ビーレジェンドファイヤー -beLEGEND FIRE-

    ファットバーナー(脂肪燃焼剤)と称するサプリメントは数多くありますが、L-カルニチンはその脂肪燃焼効果が科学的に立証されている数少ないサプリメントです。

    このため、確実なものしか販売しない大手メーカーからも発売されています。

    有名ブランドのビーレジェンドからも発売されているカルニチンサプリメントは、まとめ買いなら当ジムが提携しているビーレジェンド直販サイトがリーズナブルですので、是非ご活用ください。

    ▼直販サイトで比較する

    ビーレジェンドファイヤー直販サイト

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事



    20170606090232042.jpg

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリ+1を各メーカーから比較紹介

    【実際に効果あるダイエット器具】おすすめグッズやマシンを試用|感想・口コミ評価を紹介

    ▼ダイエット運動なら

    adult-1867743_960_720_2017032419440455a.jpg

    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    ▼低糖質ダイエットなら

    【低糖質ダイエット】おすすめのパン・パスタ・おやつなど通販食品・食材をご紹介

    【低カロリー低糖質パン】お腹いっぱい食べても太らないダイエットむきパン紹介

    【低カロリー低糖質食品】当ジム提携「ローカロ生活」と「低糖食堂」のご紹介