【初心者むきアジングアクション】タダ巻き→カウントダウン→トウィッチアンドフォール

    drava-663680_960_720.jpg

    アジは基本的にただ巻いてくるだけの通称タダ巻きで釣れる魚ですが、コンディションによってはルアーにアクションを入れる必要があります。数あるアクションのなかから、初心者でもすぐできて効果の高い、カウントダウンとトウィッチアンドフォールと呼ばれるアクションをご紹介します。

    ■基本のタダ巻き


    ●昼と夜で深度を調整するのがポイント


    tadamaki.jpg

    こちらが、アジングの基本となるタダ巻きのイメージ図です。文字通り、ただ巻くだけです。と言っても注意点があり、昼夜でアジのいる深度で引く必要があります。基本的に、アジは昼間は底層に、夜間は表層に移動しますので、引く深度がポイントになります。

    ■カウントダウン


    ●夜は表層・昼は底層を狙う


    countdown.jpg

    カウントダウンは、タダ巻きのバリエーションで、アタリのある=アジのいるレンジを探るために、表層から順にルアーの着水後の秒数を決めて巻き始める方法です。一度アタリを感じたら、徹底的にその深度を攻めましょう。

    基本として、アジは夜は表層に、昼間は底層にいるものですが、夜間でも意外と底層にいることも少なくありません。

    ■トウィッチアンドフォール


    ●最も初歩的で効果的なアクション


    20161124092200292_20170505193919d50.jpg

    タダ巻き系のアクションで反応が無いときに行う。最も初歩的で効果の高いアクションがトウィッチアンドフォールと言われる方法です。イメージ図のように、ロッドとリールを使ってルアーを引き上げ、ほんの少しフォールさせ、また、引き上げるという動作の連続になります。

    なお、アジの習性としてフォールのときに喰いつく場合が多いでしょう。

    ▼メイン記事に戻る

    【アジング(アジのルアーでの釣り方)】初心者におすすめな仕掛け・タックル・ロッド・ワームとポイント選びを完全解説

    下記のリンク先は、博物館学芸員の筆者が作成したネット上のバーチャル癒し水族館のページです。古代生物・無脊椎動物・魚類・両性爬虫類・イルカクジラ類など多岐にわたる生き物たちが動画で観賞いただけます。是非お立ち寄りください。

    ▼癒しのネット水族館ウェブアクアへ

    【癒しのネット水族館】ウェブアクアへようこそ|海獣・魚類・両性爬虫類・無脊椎・古代生物

    【ジグヘッドの種類と使い分け】アジングにおすすめの丸型・矢じり型・円柱型・ダイヤモンド型のフォール~ダートアクション



    アジングのワームを取り付けるジグヘッドには大きく丸型と矢じり型と円柱型があり、フォールを攻めるのか、ボトムからのダートアクションを行うのか、スイムアクションを狙うのかで使い分けます。このほかに、アピールの強いダイヤモンド型は初心者におすすめのタイプです。

    ■丸型ジグヘッド


    ●フォールでピンテールワームと合わせる





    こちらが丸型のジグヘッドです。ボトムまでに勝負をかけるフォールで使用するタイプで、アジングの基本ジグヘッドと言えるタイプになります。

    ストレートのピンテールタイプワームとの相性がよく、ポイント到着後、まず最初に使用するこてになります。

    ■矢じり型ジグヘッド


    ●カーリーテールワームでダートアクション





    こちらが矢じり型ジグヘッドです。基本となる丸型+フォールで反応がない場合は、矢じり型ジグヘッド+カーリーテールワームの組み合わせに切り替えるケースが少なくありません。

    使い方は、ヘッドの抵抗の少なさを利用して素早くボトムに着底させ、そこからのダートアクション(上下にワームを動かす)でアジに京見をそそらせます。

    ダートアクションでアピールが強いカーリーテールワームと組み合わせるのがよいでしょう。

    なお、矢じり型ジグヘッドは落下中には旋回したり動作が安定しませんので、フォールで使用するのには不向きです。

    ■円柱型ジグヘッド


    ●遠投からのスイムアクションむき





    遠投からのスイムアクションにむいたジグヘッドが円柱型ジグヘッドです。合わせるワームは状況によりピンテール~カーリーテールと様々です。

    ■ダイヤモンド型ジグヘッド


    ●乱反射を利用してアピール





    多面形の表面が日光を乱反射して、強烈にアジにアピールするのがダイヤモンド型ジグヘッドです。

    はまれば技術なしに釣れるので初心者にもおすすめのタイプになります。

    アジがすれていないポイントでは、視認性の良い黄色やピンクのワームと組み合わせ、強烈にアピールするのがおすすめです。

    ■おすすめジグヘッドケース


    ●分類収納してコンディション変化に素早く対応





    ジグヘッドはバラバラに持つのではなく、こちらのような収納ケースに分類・整理整頓して入れておくのが帰納的です。

    海のコンディションやシチュエーションの変化に合わせて、素早くジグヘッド&ワームをチェンジできるので便利ですよ。

    ▼メイン記事に戻る

    【アジング(アジのルアーでの釣り方)】初心者におすすめな仕掛け・タックル・ロッド・ワームとポイント選びを完全解説

    下記のリンク先は、博物館学芸員の筆者が作成したネット上のバーチャル癒し水族館のページです。古代生物・無脊椎動物・魚類・両性爬虫類・イルカクジラ類など多岐にわたる生き物たちが動画で観賞いただけます。是非お立ち寄りください。

    ▼癒しのネット水族館ウェブアクアへ

    【癒しのネット水族館】ウェブアクアへようこそ|海獣・魚類・両性爬虫類・無脊椎・古代生物

    【ワームの種類と色の使い分け】おすすめのピンテール・カーリー・ビビッド・ファット各種の徹底紹介



    アジングのワーム(ピンテール・カーリーテール・ビビッドテール・ファットタイプ)の種類ごとの特徴と海のコンディション・シチュエーション別に最適なワームの色の使い分けを解説します。合わせて、各タイプ各カラーからおすすめのワームを徹底紹介いたします。

    ■アジングワームの種類と特徴


    ●ピンテール・カーリーテール・ビビッドテール・ファットタイプ


    アジング用のワームには、大きくピンテールワーム・カーリーテールワーム・ビビッドテールワーム・ファットタイプワームの四種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

    ○ピンテールワーム:もっとも基本となる一直線のワームで、ロッドアクションに素直に反応することから、フォール・スイム・ダートの各アクションに使用することができます。

    ○カーリーテールワーム:長く曲がった尾がついたタイプでアクションが派手なことからアピールが強いワームです。スイム~ダートアクションにむいています。

    ○ビビッドテールワーム:尾が短いタイプで、警戒心の強いポイントで使うことで結果が期待できるワームです。

    ○ファットタイプワーム:上記三種類がアピールしない場合に使いたいタイプです。ボトムむきのワームになります。

    ■ワームの色の使い分け


    ●アピール系からナチュラル系まで海のコンディションに合わせる




    ワームの色を選定する場合、アジの目になって考える必要があります。アジの目には色の認識能力がなく白黒の世界を見ています。また、鮮度や照度に対する目の反応も人間とは異なり、一例をあげると、黄色がアジの目には黒く写ると言われています。

    これらのことを考慮して、アジに対して視認性の高さ(アピール度の強さ)は、黄色>ピンク色>白色>緑色>青色>透明とされています。また、アジが警戒心をいだきにくいとされていることから、アジングワームの基本色は白色~透明の無色タイプになります。

    夜間や濁りコンディションなどでは、黄色・ピンク色・白色、昼間や透明度のよいコンディションなどでは、緑色・青色・透明を使うのが定石です。

    ■おすすめのピンテールワーム


    ●各カラータイプから厳選




    ピンテールタイプはロッドアクションに対する反応がよく、オールマイティーに使えるワームですが、その基本となるのがこちらのような白色タイプです。

    小魚のを模したワームですので、アクションもその動きをイメージして行うとよいでしょう。



    夜間や濁りコンディションには視認性の高いピンク色が最適です。



    晴れた日中や透明度の高いシチュエーションにはこちらのようなナチュラル系がよいでしょう。

    ■おすすめのカーリーテールワーム


    ●カラーバリエーション別にご紹介





    大きめのロッドアクションに大きな曲がった尾が強くアピールするのがカーリーテールワームの特徴で、やはり基本となるのは白色タイプです。

    ゴカイなどの虫を模したワームになりますので、アクションもその動きを想定してつけるようにしてください。



    夜間のボトムからのダートアクションにおすすめなのが、こちらのようなアピールの強い黄色のカーリーテールワームになります。



    また、日中やセンシティブなシチュエーションには、こちらのようなナチュラル系カラーを選択するとよいでしょう。

    ■おすすめのビビッドテールワーム


    ●アピール系からナチュラル系まで





    ビビッドテールワームは小さな尾が特徴で、カーリーテールはもちろんピンテールよりもアピールが控え目なワームで、アジの反応がよく渋いポイントなどで効果があります。



    視認性とアピール性を高めたいコンディションではこちらのようなピンク色系がおすすめです。



    シビアなシチュエーションには、こちらのようなおとなしめのナチュラル系カラーがよいでしょう。

    ■おすすめのファットタイプワーム


    ●シチュエーション別に各色を厳選





    ファットタイプワームは、フナムシやエビ・カニなどの甲殻類を模したワームで、上記三種類のワームが効果のない場合に使うと、意外とヒットすることも少なくありません。

    ファットタイプの人気ワームがこちらのもので、アピール系からナチュラル系まで、豊富なカラーバリエーションがラインナップされています。



    こちらのミニサイズのエビを模したファットタイプワームは、ダートアクション専用で、最近人気が急上昇中です。ぜひ一度使用してみてください。

    ▼メイン記事に戻る

    【アジング(アジのルアーでの釣り方)】初心者におすすめな仕掛け・タックル・ロッド・ワームとポイント選びを完全解説

    下記のリンク先は、博物館学芸員の筆者が作成したネット上のバーチャル癒し水族館のページです。古代生物・無脊椎動物・魚類・両性爬虫類・イルカクジラ類など多岐にわたる生き物たちが動画で観賞いただけます。是非お立ち寄りください。

    ▼癒しのネット水族館ウェブアクアへ

    【癒しのネット水族館】ウェブアクアへようこそ|海獣・魚類・両性爬虫類・無脊椎・古代生物