【チューブバッグレッグリフト】女性のヒップアップに最適なゴムバンドトレーニングのやり方



    チューブバッグレッグリフトは女性のヒップアップに最適な臀筋群を中心としたチューブトレーニングです。そのやり方を動画をまじえて解説します。
    写真:mightyfighter.com/

    ■チューブバッグレッグリフトが効果のある筋肉


    ●臀筋群(大臀筋・中臀筋・小臀筋)





    チューブバッグレッグリフトは、臀筋群に効果の高いトレーニング方法です。臀筋群は、大臀筋・中臀筋・小臀筋が折り重なった三層構造をしており、股関節の伸展作用があります。

    また、チューブバッグレッグは二次的に長背筋群やハムストリングスにも効果的です。

    ■チューブバッグレッグリフトのやり方


    ●背すじと膝を真っ直ぐ伸ばすのがポイント




    チューブバッグレッグリフトだけの動画は見つけられませんでしたが、こちらの動画の6分前後に模範的な動作が紹介されています。

    足を上げることよりも、背すじと膝を伸ばして一直線に押し出すイメージで行うのがポイントです。

    ▼おすすめのトレーニングチューブ


    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Amzdeal トレーニングチューブ 5本セット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    enkeeo トレーニングチューブ 5本セット

    また、下記のようなショートタイプのエクササイズバンドも使い勝手がよく、なかでも肌に優しい天然ゴム製のタイプがおすすめです。

    20170618072439501.jpg

    Active Winner エクササイズバンド 強度別5本セット

    エクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼エクササイズバンドダイエット方法

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

    【下半身のチューブトレーニング】大腿四頭筋・ハムストリングス・内転筋群・臀筋群の鍛え方



    下半身のチューブトレーニングは、女性のダイエット筋トレや男性のウエイトトレーニングの仕上げ・追い込みに最適な方法です。そのやり方を大腿四頭筋・ハムストリングス・臀筋群・内転筋群の部位別に詳しく解説します。

    ■下半身の筋肉の構造と作用


    ●太もも前面の筋肉・大腿四頭筋




    大腿四頭筋は、下半身だけでなく全身でも最大の筋肉です。大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋から構成され、膝関節の伸展と股関節の屈曲補助の作用があります。

    ●太もも後面の筋肉・ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)




    ハムストリングスは大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋から構成され、膝関節を屈曲させる作用があります。

    ●太もも内側の筋肉・内転筋群




    内転筋群は大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋から構成され、股関節を内転させる作用があります。

    ●お尻の筋肉・臀筋群




    臀筋群は、大臀筋・中臀筋・小臀筋の三層構造をしており、股関節を伸展させる作用があります。

    ■下半身全体のチューブトレーニング


    ●チューブスクワット




    下半身のトレーニングの基本であるスクワットをチューブの負荷で強度を高めた種目がチューブスクワットです。

    胸を張り、お尻を突き出し背中を反らせ、やや上を見て動作をすると正しいフォームになります。また、膝関節保護のため、膝をつま先より前に出さないように気をつけ、やや斜め後方にしゃがむようにしてください。

    ●チューブレッグプレス




    チューブレッグプレスも下半身全体に効果の高いチューブトレーニングです。

    下半身前面に効果のある足を押し出す時だけでなく、戻す時も負荷に耐えながらゆっくり動作することで、下半身背面のハムストリングスや臀筋群に効果的です。

    ■大腿四頭筋のチューブトレーニング


    ●チューブレッグエクステンション




    チューブレッグエクステンションは、大腿四頭筋を集中的に追い込めるチューブトレーニングです。脚を伸ばした時に足首を曲げると、さらに効果が高まります。

    ダイエット筋トレの場合は20回以上の高反復回数で行ってください。

    ■ハムストリングスのチューブトレーニング


    ●チューブレッグカール




    チューブカールはハムストリングスを集中的に鍛えられるチューブトレーニングです。脚を曲げた時に足首を伸ばすと、さらに効果が高まります。

    ■内転筋群のチューブトレーニング


    ●チューブアダクション




    チューブアダクションは、内転筋群の強化や引き締めに最適なトレーニング方法です。

    内転筋群はインナーマッスルですので、20回以上の低負荷高回数で鍛えてください。

    ■臀筋群のチューブトレーニング


    ●チューブバックレッグリフト




    チューブバックレッグリフトは臀筋群の強化や女性のヒップアップに最適なチューブトレーニング種目です。

    やや動作が難しいですが、動画を参考にチャレンジしてみてください。

    ▼おすすめのトレーニングチューブ



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。

    20170827102207090.jpg

    実際に当ジムで使用しているトレーニングチューブのレビュー記事をまとめました。是非ご参照ください。

    ▼関連記事

    【Patechトレーニングチューブ】当ジムで実際に使用しているおすすめのグッズをご紹介

    また、他のトレーニングチューブに関しては下記に比較してまとめました。

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

    20170618072439501.jpg

    ショートタイプエクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼関連記事

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介



    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで

    【下半身=大腿四頭筋・ハムストリングスの鍛え方】人体最大の筋肉群を鍛えるとスポーツもダイエットも成功

    Quadriceps-horz.jpg

    下半身の筋肉である大腿四頭筋・ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)の構造とその鍛え方を、自宅でできる自重トレーニング・ダンベル筋トレと、ジムで行うバーベル筋トレ・マシントレーニングから解説します。また、あわせて、ふくらはぎ(下腿三頭筋・前脛骨筋)、腸腰筋(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)、内転筋(大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋)の鍛え方の詳細記事もご紹介します。


    ■大腿筋群の構造


    ●大腿四頭筋の構造と働き


    Tensor_vastus_intermedius_muscle_201607122026571ad.jpg


    大腿四頭筋は、大腿部の前面に広く分布している筋肉で、人体の筋肉のなかで最も体積が大きく筋力も最大の筋肉です。

    大腿四頭筋は大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋の4つの筋肉からなる筋肉群で、この4つの筋肉が共働して膝関節を伸展する働きを持ちます。

    ●ハムストリングスの構造と働き


    Pulled_Hamstring_20160712202729a54.png


    ハムストリングスは大腿部の後面に分布している筋肉群で、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つの筋肉から構成されています。大腿四頭筋の拮抗筋として作用し、膝関節を屈曲させる働きがあります。

    日常やスポーツ競技において、人体最大の筋肉群である大腿四頭筋に拮抗することから、ハムストリングスはその体積に対してかかる負荷が高く、肉離れなどの故障を起こしやすい筋肉群としても知られています。

    ■自宅での大腿四頭筋の筋トレ


    ●下半身トレーニングの基本となるスクワット




    下半身トレーニングの基本中の基本とも言えるのがスクワットです。胸を張り、背中をやや反らせ、若干上を見ることで正しいフォームとなります。また、膝関節の故障防止のため、膝はつま先より前に出ないようにしましょう。しゃがむ時は、椅子に座るイメージで行うと正しい軌道になります。なお、負荷が足らない場合は、両手にダンベルを保持することで強度を上げることができます。

    ●大腿四頭筋を集中的に鍛えられるシシースクワット




    後方に倒れこむようにスクワットするシシースクワットは、通常のスクワットに比べ大腿四頭筋にかかる負荷が上昇します。転倒防止に柱などに手をかけて行うとよいでしょう。

    ●大腿四頭筋の仕上げに最適なダンベルレッグエクステンション




    ダンベルレッグエクステンションは、複関節運動であるスクワット系種目の後に、大腿四頭筋の仕上げとして最適な単関節トレーニングです。足を持ち上げたときにつま先を屈曲させると大腿四頭筋が最大収縮します。

    ■自宅でのハムストリングスの筋トレ


    ●高強度下半身トレーニングのブルガリアンスクワット




    ブルガリアンスクワットは数ある大腿筋群のトレーニング種目のなかでも、最大クラスの強度を持つ種目です。フォームやしゃがみ方は通常のスクワットに準じて行ってください。また、後にした足を主体にして動作を行うことで、ハムストリングスにより強い負荷を与えることができます。なお、負荷が足らない場合は、両手にダンベルを保持することで強度を上げることができます。

    ●ハムストリングスの仕上げに最適なダンベルレッグカール




    ハムストリングスの仕上げトレーニングとして最適な単関節トレーニングがダンベルカールです。足を持ち上げたときにつま先を伸ばすことで、ハムストリングスが最大収縮します。

    ■ジムでの大腿四頭筋の筋トレ


    ●基本中の基本バーベルスクワット




    下半身トレーニングの基本種目としてのみならず、バーベルトレーニングの基本として「キング オブ トレーニング」「筋トレBIG3」などと呼ばれるのがバーベルスクワットです。胸を張り、背中をやや反らせるとともに、視線は上を見ることで正しいフォームとなります。また、膝関節の故障防止のため、膝はつま先より前に出ないようにしましょう。

    ●大腿四頭筋を集中的に鍛えるフロントスクワット




    バーベルを身体の前面で保持することで、大腿四頭筋に刺激を集中させられるのがフロントスクワットです。保持の仕方がやや難しいので、動画を参照するとともに、自分にあったポジションを試行錯誤してください。

    ●スミスマシンを使ったハックスクワット




    スミスマシンを利用すると、通常のバーベルトレーニングでは再現できない角度でスクワットを行うことが可能になります。足を前方に置き、斜め後へ押し上げる軌道をとるハックスクワットでは、大腿四頭筋を集中的に鍛えることができます。

    ▼コラム記事

    【スクワット】それでは膝靭帯に悪すぎる!正しいフォームで安全に下半身を鍛えよう

    ●高負荷トレーニングが可能なレッグプレス




    レッグプレスは、あらゆる下半身トレーニングのなかでも、最大の重量で行うことのできる種目です。最大の注意点は、ボトムポジションで膝がつま先より突出しないように足を置くことです。また、かかとを意識して押したり、つま先を意識して押すことで微妙に刺激が変わりますので、トレーニングに変化をつけるのに覚えておきましょう。

    ●仕上げ種目として最適なレッグエクステンション




    大腿四頭筋の仕上げに最適な単関節マシントレーニングがレッグエクステンションです。反動を使わず、足を上げる時も、下げる時もしっかりとコントロールするようにしてください。

    ■ジムでのハムストリングスの筋トレ


    ●ハムストリングスの基本種目のバーベルランジ




    大腿二頭筋をはじめとしたハムストリングスを効率的に鍛えることのできるバーベルトレーニングがバーベルランジです。後ろ足を強く意識することで、さらにハムストリングスを追い込むことが可能になります。

    ●ハムストリングスの仕上げにレッグカール




    ハムストリングスの仕上げトレーニングとしておすすめなのがレッグカールです。反動を使わず、特に下ろす時にゆっくりと動作を行うと非常に効果的です。また、足を上げたポジションでつま先を伸ばすことで、さらに効果が高まります。

    ■下半身の筋トレ種目一覧


    下半身トレーニング各種目の動画解説つき個別解説は下記リンク先をご参照ください。

    フロッグプッシュアップ
    バーベルスクワット
    フロントバーベルスクワット
    バーベルランジ
    ブルガリアンスクワット
    シシースクワット
    ダンベルランジ
    ダンベルサイドランジ
    ダンベルレッグエクステンション
    ダンベルレッグカール
    レッグプレス
    スミスマシンスクワット
    ハックスクワット
    レッグエクステンション
    レッグカール
    バランスボールスクワット
    バランスボールランジ
    バランスボールレッグカール
    チューブレッグプレス
    チューブレッグエクステンション
    チューブレッグカール
    チューブバックレッグリフト

    ■鍛えたらタンパク質補給を


    ●食品で摂りきれなければプロテインを


    meat-1154302_960_720.png

    しっかりと大腿部を鍛えたら、十分にタンパク質を摂取しましょう。大腿筋群は全身のなかでも最も大きな筋肉群なので、その超回復と発達には多くのタンパク質が必要となります。その量は、肉類に換算すると、標準的な体重70kgの男性で1日におよそ700~800gです。また、その量を食事だけで摂りきれなければ、プロテインを有効利用しましょう。

    20170529152204f63.jpg

    なお、ビーレジェンド製品は当ジム提携のメーカー直販ショップページがまとめ買いならリーズナブルです。

    【ビーレジェンドプロテイン直販ページ】

    ▼参考記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味別感想とネットの口コミ評価および最安値購入方法

    【ビーレジェンド国内最安値】Amazonや楽天より直販ショップが確実に安い

    ■ふくらはぎの鍛え方


    1123_Muscles_of_the_Leg_that_Move_the_Foot_and_Toes.jpg


    ふくらはぎ=下腿三頭筋・前脛骨筋の鍛え方に関しては、下記の記事に詳しく解説していますのでそちらをご参照ください。

    ▼関連記事

    【ふくらはぎの鍛え方完全版】下腿三頭筋と前脛骨筋の筋トレ方法をトレーナーが解説

    ■股関節インナーマッスルの鍛え方



    Anterior_Hip_Muscles_2_20161211204226671.png


    また、最近注目度の高い股関節周辺のインナーマッスルである腸腰筋(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)と内転筋(大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋)の鍛え方については下記の二つの記事で詳しく解説していますので、是非ご参照ください。

    ▼関連記事

    【腸腰筋の鍛え方完全版】大腰筋を中心にした筋トレ方法

    【内転筋の鍛え方完全版】構造と作用や美脚効果のある筋トレ方法を解説



    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで

    【カタボリックとは】筋トレの大敵・タンパク質異化|適切な防止法やサプリも紹介



    カタボリック=タンパク質異化のメカニズムを解説するとともに、カタボリックを防いで筋トレ効果を効率化するための防止法・サプリメントをご紹介します。
    写真:antranik.org

    ■カタボリックのメカニズム




    カタボリックとは「蛋白質異化」のことで、食物から蛋白質を消化吸収して筋肉にする「蛋白質同化」=アナボリックと正反対の現象です。

    つまり、空腹時=血中窒素濃度低下と低血糖時に、自身の筋肉を分解してエネルギーとして利用する状態です。

    空腹時に強度の高い筋トレや有酸素運動を行うと、最大で10gもの純筋蛋白質(筋肉に換算すると50g)がカタボリックしてしまうとされています。

    ■カタボリックを防ぐ方法①




    せっかく筋トレでつけた筋肉があっという間にエネルギー消費されてしまうカタボリックは、身体を鍛えていくのならば絶対に避けたい状態です。

    これを防ぐためには、常に血中窒素濃度と血糖値が下がりすぎないようにこまめに栄養補給しなくてはいけません。

    血糖値を保つためには、糖質(炭水化物や糖類)を摂ればよいだけですが、血中窒素濃度を保つためには窒素分子を含む食品を摂らなくてはいけません。

    炭水化物と脂質はC・H・O(炭素・水素・酸素)の化合物なのでN(窒素)は含まれていません。N(窒素)が含まれている食品はタンパク質食品だけになります。

    これらのことから、カタボリックを防ぐためにはカロリーだけでなくタンパク質もこまめに摂取する必要があります。


    ▼amazonで比較する
    ビーレジェンドBCAA [500g]

    日常生活やトレーニング前後のカタボリック防止におすすめなのが、こちらのようなBCAA(分鎖岐アミノ酸)です。これは、タンパク質を吸収直前の状態にしたもので、速やかなC・H・O・Nの補給が可能です。

    なお、まとめ買いならば当ジム提携の直販ページが送料無料で大手通販サイトよりお買い得ですので、ぜひ、ご活用ください。

    ▼まとめ買いならお得

    当ジム提携ビーレジェンドBCAA直販ページ


    ■カタボリックを防ぐ方法②




    日常でのカタボリックの防ぎ方は解説しましたが、実は最大のカタボリックタイムは睡眠中で、場合によっては200gもの筋肉が失われることもあります。


    ▼amazonで比較する
    ビーレジェンド -beLEGEND- カゼイン&ホエイ いちごミルク風味(1Kg) [アミノ酸スコア100]

    睡眠中のカタボリックを防ぐのに最適なのが、睡眠前に消化の遅いカゼインプロテインを摂取することです。

    こちらも、当ジム提携直販ページがまとめ買いならリーズナブルですので、是非ご活用ください。

    ▼まとめ買いならお得

    ビーレジェンド カゼイン&ホエイ 直販ページ

    ▼関連記事

    【カゼインプロテイン】吸収の遅さを逆に利用した飲み方とおすすめのプロテイン

    【筋トレサプリメント20選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBなどの筋肉肥大におすすめな摂取方法