【背筋のチューブトレーニング】自重やダンベルの筋トレ後の仕上げや追い込みに最適な鍛え方

    110307-F-OU922-075.jpg

    背筋のチューブトレーニングは、懸垂などの自重トレーニングやダンベルローイングなどのダンベル筋トレの後の仕上げや追い込みトレーニングに最適な鍛え方です。また、トレーニングチューブは伸びれば伸びるほど負荷が増加する漸増負荷という特性があるのもメリットです。そのトレーニング種目を動画とともに解説します。

    ■背筋の構造と作用


    ●広背筋・僧帽筋・長背筋群から構成され引く動きをする


    Teres_major2.png

    背筋には主に表層筋の広背筋と僧帽筋、その深層に位置する脊柱沿いのインナーマッスルである長背筋群から構成されています。その作用は以下の通りです。

    ○広背筋:上や前から腕を引く作用があります。

    ○僧帽筋:下から腕を引き肩甲骨を引き寄せる作用があります。

    ○体幹を伸展させ姿勢を維持する作用があります。

    なお、長背筋群は広背筋や僧帽筋のトレーニングのなかで自然に鍛えられますので、本記事では広背筋と僧帽筋を鍛えるチューブトレーニング種目を解説していきます。

    ■チューブトレーニングの前におすすめの筋トレ


    チューブトレーニングは、冒頭でも解説したとおり自重トレーニングやダンベルトレーニングなどの仕上げ・追い込みに最適なトレーニング方法です。逆に、それだけでは十分な負荷がありませんので(特に男性の場合)、チューブトレーニングの前に以下のようなトレーニングで背筋をある程度疲労させておく必要があります。

    ●順手懸垂(プルアップ)




    背筋トレーニングの王道とも言え、非常に効果の高いトレーニングが順手懸垂です。チンニングと呼ばれることもありますが、厳密にはチンニングは逆手懸垂のことで、正しくはプルアップと言います。

    Gironda-sternum-chins-1-crop2.png


    懸垂と言えば、どうしても顎をバーから上に出すことに固執してしまいますが、純粋にトレーニングとして考えた場合は上図のように「胸をバーにつけにいく」というのが大切です。また、あわせて「肩甲骨を寄せる」「やや上を見る」というのも大切なポイントです。さらに詳しい懸垂のやり方については下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【懸垂の筋肉部位別のやり方】各種類のコツやできない人も達成できる秘策を解説

    また、自宅で懸垂を行うための器具類については下記の記事をご参照ください。本格的な懸垂ラックから簡易的な懸垂装置まで幅広く解説しています。

    ▼関連記事

    【自宅懸垂器具】おすすめの家庭用チンニングスタンドやドア型簡易装置をご紹介

    ●ダンベルローイング




    ダンベルで背筋を鍛える代表的な種目がダンベルローイングです。ダンベルローイングにはいくつかバリエーションがありますが、なかでもワンハンドダンベルローイングは可動域が広く、特に広背筋に効果的ですのでおすすめです。

    Rear-deltoid-row-2.png


    その動作のポイントは、背中を反らせて肩甲骨を寄せながらダンベルを引き上げることのほかに、胸を張りやや上を見るようなフォームで行うことです。

    なお、ダンベルローイングの詳細なやり方やバリエーションについては下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【ダンベルローイング】背筋に効果大の筋トレ|各バリエーションとコツを動画つきで解説

    ■背筋のチューブトレーニング


    ●広背筋側部に効果的なチューブラットプル




    広背筋のなかでも側部に効果の高いチューブトレーニングが、チューブラットプルです。高い場所にチューブトレーニングを取り付けることで上から腕を引く軌道を作ります。動作のポイントは、順手懸垂とほぼ同じで、胸を張りながら肩甲骨を寄せることです。



    なお、高い場所にトレーニングチューブを取り付けることができない場合は、こちらの動画のように、自分自身が前かがみになり「上から腕を引く」軌道をつくることで対応が可能です。

    ●広背筋中央部に効果的なチューブベントオーバーロー




    広背筋のなかでも中央部に効果的なチューブトレーニングがチューブベンチオーバーローです。筋トレの基本スタイルであるニーベントスタイルで行います。

    Barbell-rear-delt-row-form_20170419054523bb4.png


    なお、ニーベントスタイルは①胸を張る②背中を反らせる③お尻を突く出す④上を見る⑤膝をつま先より前に出さない、というのがポイントで、多くの筋トレで必要な基本フォームですので、この機会に習得しておくとよいでしょう。

    ●僧帽筋に効果的なチューブローイング




    背筋群のなかでも、僧帽筋に対して効果の高いチューブトレーニングがチューブローイングです。上体を倒しすぎると上手く効きませんので、上体は90度程度に維持し、胸を張って肩甲骨を寄せながら腕を引いてください。

    ●最後の追い込みに最適なチューブリバースフライ




    自重トレーニング・ダンベル筋トレ→チューブトレーニングとトレーニングを進めてきた最後に、総仕上げとして最適な種目がチューブリバースフライです。ゆっくりとした動作で確実に筋肉を追い込み、オールアウトしてください。

    ▼おすすめのトレーニングチューブ



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。

    20170827102207090.jpg

    実際に当ジムで使用しているトレーニングチューブのレビュー記事をまとめました。是非ご参照ください。

    ▼関連記事

    【Patechトレーニングチューブ】当ジムで実際に使用しているおすすめのグッズをご紹介

    また、他のトレーニングチューブに関しては下記に比較してまとめました。

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

    20170618072439501.jpg

    ショートタイプエクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼関連記事

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介

    ▼さらに詳しい背筋トレーニング

    【背筋の鍛え方完全版】広背筋・僧帽筋の筋トレ方法を自重・ダンベル・バーベル・マシン別に解説



    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで