【360プッシュアップ】アクロバティックなトルネード腕立て伏せのやり方を解説|540キックも

    Push-ups-3-2-crop.png

    360プッシュアップ=トルネード腕立て伏せは、純粋な筋トレではなく「アクロバティックな動作を魅せる技」という意味合いの強い種目ですが、そのテックニックの華麗さには目をみはるものがあります。そのやり方を、動作が比較的簡単な女性バージョンと高難易度の男性バージョンそれぞれから動画でご紹介します。


    ■これが360プッシュアップ(トルネード腕立て伏せ)だ




    まずは、華麗なる360プシュアップの動画をご覧ください。この動きができるようになるとカッコいいですね。

    では、この華麗な回転技はどのようにして行うのでしょう。次の項目では、動作を分解して解説している動画をご紹介します。

    ■女性向け低難易度360プシュアップ(トルネード腕立て伏せ)




    こちらが、足の動きが大きく比較的簡単な360プッシュアップ(トルネード腕立て伏せ)の練習動画です。動画を見ての通り、回転方向に対して後ろになる足をやや回転方向斜め前に置きなおすとともに、軸足をその足に乗せかえ、下半身を捻った力を利用して一気に上半身を回転させます。

    やや挙動が大きくなるものの、この360プッシュアップ(トルネード腕立て伏せ)でもできれば、特に女性はかなりカッコいいですね。

    ■男性むき高難易度360プッシュアップ(トルネード腕立て伏せ)




    こちらが本格的な高難易度360プッシュアップ(トルネード腕立て伏せ)のチュートリアル動画です。先ほどの女性の動画と比べ動きは小さくなっていますが、やはり回転方向に対して後ろになる足に重心を乗せかえ、下半身を捻った力で一気に回転する原理は変わりません。

    できればカッコよくて周りにウケること間違いなしです。是非チャレンジしてください。

    ■回転技に共通のテクニック




    こちらは、テコンドー選手である筆者の息子が、中学生の時に撃った540キック=一回転半トルネードキックの動画です。こちらもよく見ると、360プッシュアップ(トルネード腕立て伏せ)と共通の動作テクニックがあるのが見てとれます。それは、以下の通りです。

    ①回転方向に対して後ろになる足を捻りながら置き直し重心を移動する

    ②捻った下半身の力を利用して上半身を回転させる

    ③胴体の回転より先に首を回転方向に向ける

    ④回転方向に対して前になる肩(腕)を振り出し、後ろになる肩(腕)を引きこんで回転を加速させる

    これらのことは、回転技における共通の特徴とも言えるでしょう。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【スパイダーマンプッシュアップ】ほぼ全身の筋肉を刺激するこのできる特殊な腕立て伏せ

    【クラッププッシュアップ】爆発的動作で大胸筋・三角筋・上腕三頭筋を鍛える腕立て伏せ

    【腕立て伏せ35種類のやり方】初心者~上級者用から究極種目までトレーナーが解説

    ●腕立て伏せにはプッシュアップバーを


    psb03-300x292.jpg
    ▼おすすめのプッシュアップバー

    Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

    なお、腕立て伏せ系トレーニングにはプッシュアップバーの使用をおすすめします。手首関節の保護になるだけでなく、可動域が広がりトレーニング効果が倍増します。

    ▼試用レポート記事

    【アクティブウィナー(ActiveWinner)プッシュアップバー】おすすめの理由と使い方|滑り止めと角度が最適

    ▼プッシュアップバー比較解説記事

    【おすすめプッシュアップバー】大胸筋トレーニングの効果を高める器具の種類や使い方