【小胸筋の鍛え方】その作用と筋トレ&ストレッチ方法を完全解説

    Pectoralis_minor_muscle_and_shoulder_blade.png

    小胸筋の作用と鍛え方・筋トレ方法およびストレッチ法について解説します。小胸筋は僧帽筋の拮抗筋として作用するインナーマッスルですが、大胸筋の存在の大きさに隠されて、あまり着目されません。しかしながら、日常生活やスポーツ競技に重要な筋肉です。


    ■小胸筋の働きや作用


    Pectoralis_minor_2016063023081567a.png


    こちらの図の赤い部分が小胸筋です。ちょうど大胸筋の下に埋まるように位置しているインナーマッスルです。大胸筋の収縮方向は主に体軸に対して垂直方向(横向き)ですが、小胸筋の収縮方向は体軸に対してほぼ平行です。小胸筋の上部は肩甲骨に、下部は肋骨に接合しており、この筋肉が収縮すると肩甲骨を前方および下方に引きつける作用があります。

    小胸筋の収縮方向は肩甲骨を後方に引き上げる働きのある僧帽筋と正反対となり、僧帽筋の拮抗筋として働いています。日常の動作はもちろん、スポーツ競技においても「肩甲骨を完全に寄せきったまま」であるとか「肩甲骨を完全にゆるめた状態」でいることはほぼありません。小胸筋は僧帽筋と互いに肩甲骨を引き合いながら、肩周辺の関節を安定させており、僧帽筋と並行して小胸筋を鍛えることでより腕の動作が安定制御できるようになります。

    また、小胸筋は腕を体側よりやや前方で固定する働きがあるため、アームレスリングや組み技系格闘競技においては特に重要な筋肉です。

    なお。女性においてはバストを上方に引き上げる「バストアップの筋肉」としても知られています。

    ■小胸筋の鍛え方・筋トレ方法




    小胸筋の鍛え方・筋トレ方法としてもっともおすすめしたいのが、こちらの動画のようなリバースプッシュアップ(リバース腕立て伏せ)です。このトレーニング種目だと、特別な器具などなしに自宅のイスやベッドを流用して行うことができます。なお、小胸筋が最大作用するのは肘を伸ばしきってからです。肘を伸ばしきってから、さらに一押し身体を持ち上げるイメージでトレーニングを行ってください。



    リバースプッシュアップよりさらに強度が高いのが、全体重を完全に支えなくてはいけないディップです。こちらもイスを二つ流用することで自宅でも簡単に行うことが可能です。なお、肘が伸びきった状態からが大切なのはリバースプッシュアップと同様です。

    ■女性のための小胸筋の鍛え方・筋トレ方法


    女性がバストアップ目的で小胸筋を鍛える場合も男性の筋トレ方法と同様ですが、リバースプッシュアップやディップは力の弱い女性にとって行うのが困難です。そのような場合は、肘を完全に伸ばしたまま身体を持ち上げる動作だけを反復するだけでも十分な効果があります。



    また、リバースプッシュアップやディップがどうしてもできないという女性は、こちらの動画のような膝つき腕立て伏せで代用することも可能です。身体を押し上げたポジションで、できるだけ背中を反らせ胸を張ることで下向きの軌道を作り、小胸筋の収縮方向に近づけるようにするとさらに効果は高まります。

    ■小胸筋のストレッチ方法


    長時間のデスクワークやパソコン作業などが続くと、小胸筋に疲労が溜まり、肩甲骨を前方や下方に引きつけておく力が弱まりますので、肩こりの原因にもなります。肩こりがつらい方には小胸筋のストレッチがおすすめです。



    小胸筋のストレッチ方法はいたって簡単です。前述の小胸筋の付き方と収縮方向を意識して、それが真っ直ぐに伸びるように壁などに腕を斜め上に手をつき、ストレッチを行ってください。なお、反動をつかってストレッチを行ってはいけないのはストレッチ全般に共通の注意点です。ゆっくりと静かに筋肉をのばしていきましょう。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【菱形筋群の鍛え方】上背部深層筋の筋トレ方法とストレッチ方法を詳しく解説

    【大円筋の鍛え方】広背筋の補助筋を筋トレしてメリハリのある逆三角形ボディーを目指す

    【前鋸筋の機能・作用と鍛え方】自重やダンベルを使ったトレーニング方法

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで

    【前鋸筋の機能・作用と鍛え方】自重やダンベルを使ったトレーニング方法

    Serratus_anterior_20160710053404fda.png

    前鋸筋は小胸筋とともに僧帽筋の拮抗筋として作用するインナーマッスルで通称「ボクサー筋」とも呼ばれています。この筋肉の作用と鍛え方について解説します。
    画像出典:wikipedia


    ■前鋸筋とは?


    前鋸筋は、胸部を構成する筋肉群の一つで、胸郭の外側に位置しています。第1~第9肋骨を起点とし、体側を後上方に向かって分布し、肩甲骨に接合しています。その作用は、「肩甲骨を前外方に引く」「肋骨を引き上げる」「腕を前に押し出す」という働きになります。

    前鋸筋は別名「ボクサー筋」とも呼ばれますが、これは、ボクサーがよく発達している筋肉であることに理由があります。すなわち、「腕を前に押し出す」という作用を持つことから、ストレート系パンチを打つために発達してくる筋肉なのです。

    ■前鋸筋を鍛えるメリット


    bodybuilder-331671_960_720.jpg

    前鋸筋を鍛えると、まずは「腕を前に押し出す力」が強くなります。これによりボクシングなどのパンチを使う格闘競技の能力が向上するほか、筋トレにおいてもベンチプレスをはじめとしたプレス系種目での安定感が向上します。

    また、この筋肉は筋肥大しないインナーマッスルのため、鍛えると筋密度が向上し引き締まるという特性があります。このため、前鋸筋を鍛えることで大胸筋周辺が引き締まり、筋肥大した大胸筋をさらに際立たせるという外見上のメリットがあります。

    ■前鋸筋を鍛える特殊な腕立て伏せ




    前鋸筋は「肩甲骨が固定された状態」で腕を前に押し出す動作をすることで最大収縮します。このため、前鋸筋を鍛えるためには、動画のような腕を曲げず肩甲骨を固定した腕立て伏せをする必要があります。

    ■ダンベルを使って前鋸筋を鍛える方法




    また、ダンベルを使って前鋸筋を鍛えるのに最適なのがショルダーフロートです。上の特殊な腕立て伏せをダンベルで再現したような動作になります。

    ■その他の前鋸筋を鍛える方法


    この他に前鋸筋を鍛える方法としては、大胸筋トレーニングのなかで同時に鍛えていく方法があります。肩甲骨をしっかりと寄せて固定したフォームで行うバーベルベンチプレスやダンベルプレスなどが有効です。なお、これらのトレーニング動作については下記の記事をご参照ください。

    【ダンベルプレス】大胸筋のダンベルトレーニング

    【バーベルベンチプレス】大胸筋のバーベルトレーニング

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【菱形筋群の鍛え方】上背部深層筋の筋トレ方法とストレッチ方法を詳しく解説

    【大円筋の鍛え方】広背筋の補助筋を筋トレしてメリハリのある逆三角形ボディーを目指す

    【小胸筋の鍛え方】その作用と筋トレ&ストレッチ方法を完全解説

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで

    【トライセット法】ターゲットの筋肉部位に三連続で負荷を加える高強度筋トレ方法を解説

    Decline-dumbbell-bench-press-2_20161104185523900.png

    同一の筋肉部位に対して三種類のトレーニング種目をインターバルをおかずに連続で行って負荷を加え、爆発的な筋トレ効果を生むトライセット法について解説するとともに、トライセット法の種目の組み方の順番の決まりや具体例をご紹介します。


    ■トライセットの順番


    arrow-618334_960_720_20161104185807b3a.jpg

    トライセット法をトレーニングに導入する場合に、もっとも気をつける点は各種目の順番です。この組み方には守らなければならない決まりがあり、それを無視してセットを組むと効果が半減してしまいます。

    トライセット法を組む場合の決まりとは「高負荷・高重量のコンパウンド種目(複合関節運動)から低負荷・低重量のアイソレーション種目(単関節運動)の順にセットを組む」ということです。

    自宅で大胸筋を鍛える「自重トレーニング+ダンベルトレーニング」のパターンを例にとると以下のようになります。

    ①腕立て伏せ(コンパウンド種目)

    ②ダンベルプレス(コンパウンド種目)

    ③ダンベルフライ(アイソレーション種目)

    ただし、この例は一般的な初心者を想定したものであり、腕立て伏せよりも高負荷になる高重量ダンベルプレスを行う中~上級者では①と②の順序が逆になります。

    ▼関連記事

    【アイソレーション種目とは】筋トレの単関節運動の代表的種目を紹介

    また、あえて特定の筋肉部位だけを弱らせておいて追い込む「予備疲労法」というトレーニングメソッドもあり、この順番は絶対的な決まりではありません。

    ▼筋トレの順番の基本について

    【筋トレの順番】高重量複関節種目から低重量単関節種目へ

    ▼予備疲労法について

    【筋トレの順番】あえて間違った順序で鍛える予備疲労法も紹介

    ■筋肉部位別のトライセット法の具体例


    ・大胸筋のトライセット法


    ベンチプレス(または腕立て伏せ)

    ダンベルプレス

    ダンベルフライ

    ・背筋のトライセット法


    懸垂(またはラットプル)

    ベントオーバーロー(またはダンベルロー)

    ショルダーシュラッグ

    ・三角筋のトライセット法


    ショルダープレス(またはダンベルショルダープレス)

    サイドライズ

    フロントライズ

    ・上腕三頭筋のトライセット法


    ダイヤモンド腕立て伏せ(またはナローベンチプレス)

    ダンベルトライセップスプレス

    フレンチプレス(またはダンベルキックバック)

    ・上腕二頭筋のトライセット方


    逆手懸垂(またはケーブルローイング)

    バーベルカール(またはダンベルカール)

    コンセントレーションカール

    ・大腿四頭筋のトライセット法


    スクワット

    レッグプレス

    レッグエクステンション

    ■トライセット法の注意点


    check-this-1714210_960_720.png

    トライセット法は非常に効果の高い反面、筋肉や関節および靭帯にも負荷のかかるトレーニング法です。このため、トレーニング毎にトライセット法で追い込むとオーバートレーニングになるか、怪我をしてしまう可能性が高くなります。

    筋肉の発達の停滞期などに、月に数回程度の頻度で取り入れることをおすすめします。

    ■さまざまな筋トレメソッド


    筋トレ効果を高める各種のメソッド・トレーニング方法を個別に詳細解説したものが下記の記事群です。刺激を変えたい、さらに追い込みたいときなどに是非ご活用ください。

    【アセンディングセット法】

    【コンパウンドセット法】

    【スーパーセット法】

    【ディセンディングセット法】

    【トライセット法】

    【パーシャルレップ法】

    【バリスティック法】

    【ピラミッドセット法】

    【レストポーズ法】

    ■停滞期を突破するには食事やサプリメントの見直しも大切




    筋肥大の停滞期に重要なのは、筋肉を騙すトレーニング法だけではありません。

    筋トレの効果を出すための基本である食事メニューや、筋トレ効果を高めるサプリメントを見直すのも非常に重要です。

    まず、筋トレをして筋肥大するためには体重あたり2gの純タンパク質が必要とされています。つまり、70kgの人の場合、一日に140gの純タンパク質(肉類に換算して700g)とかなり多く、この量を摂りきれていないために筋肥大が停滞しているケースも少なくありません。

    なお、筋トレと食事に関する情報は多岐にわたりますので、下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニューの科学】筋肥大レシピやダイエット料理からコンビニ食まで完全解説

    また、タンパク質を一度に吸収できる量は純タンパク質で約30gと、一日三度の食事では筋肥大に必要なタンパク質量をまかないきれません。一日五食ほどにするか、プロテインを利用する必要があります。

    さらに、タンパク質を吸収して筋肉にするアナボリックな観点だけでなく、筋肉を異化させないアンチカタボリックな観点からすれば、BCAAの使用も効果的です。

    さらに、最大筋力を上げて、より効果的なトレーニングをするためにはクレアチンの摂取が定石とされています。

    これら、サプリメントに関する詳細な情報は下記の記事にまとめましたので、是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリ25選】プロテイン・BCAA・クレアチンの効果的な摂取方法

    【おすすめサプリTOP5】実際に使用してきて効果が実感できたサプリメントをご紹介

    筋トレの停滞期を脱出するきっかけが、より自分にあったトレーニングギア(ベルト・グローブ)に変えたことであったり、より扱いやすいトレーニング器具に変えたことであることも少なくありません。一度、ハード面からトレーニング環境を見直すのも一つの手段です。

    ▼関連記事

    【自宅筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブ・ストラップなど


    下記の記事は筆者の20年以上の競技・指導経験を集約した「筋トレに関する全て」を解説したものです。ぜひ、ご参照ください。

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが解説