【マシンフライ】大胸筋のマシントレーニング

    Butterfly-machine-2 (1)

    大胸筋内側に効果的なマシントレーニングのマシンフライに関して動画つきで解説します。


    ■マシンフライが効果のある筋肉


    20170315100458796.jpg


    マシンフライは大胸筋のなかでも大胸筋内側を中心に上部にも効果があります。また、腕を開いたポジションでは小胸筋にも効果があります。

    ■マシンフライの模範動画




    マシンフライの注意点は肘が肩より上にこないようにシート高を調節することです。肘が肩より上にある状態で動作を続けると、肩関節の故障の原因となります(下図参照)。

    Butterfly-machine-2 (2)


    また効かせ方のコツは、腕を閉じたときにさらに前に押し出すような方向に力を入れて、大胸筋を最大収縮させることです。



    なお、近年は肘パッドのないタイプのマシンが主流ですが、肘パッドつきのマシンを使用される方は、こちらの動画が模範的な動作ですのでご参照ください。

    ▼この記事を読んだ方におすすめの記事

    【大胸筋の鍛え方究極版】逞しく分厚い胸板を作る筋トレをトレーナーが徹底解説

    【見栄えする大胸筋】そのポイントは大胸筋上部を鍛えること

    【ボリュームある胸まわり】大胸筋下部の鍛え方を完全解説

    【メリハリのある大胸筋】その秘訣は大胸筋内側を鍛えること

    【ショルダーシュラッグ】僧帽筋のバーベルレーニング

    Barbell-shrugs-2.png

    僧帽筋に効果的なバーベルトレーニング種目のバーベルショルダーシュラッグを動画つきで解説します。


    ●ショルダーシュラッグの効果のある筋肉部位


    201605231850552dd_20161118060855f9b.png


    ショルダーシュラッグは首の後ろに位置する僧帽筋に効果があります。僧帽筋の主な作用は肩甲骨を寄せることですので、ショルダーシュラッグにおいても肩甲骨を完全に寄せて、僧帽筋を最大収縮させることが重要です。

    ●ショルダーシュラッグの動画とやり方




    限界まで肩甲骨を寄せ、僧帽筋を最大収縮させるイメージで行ってください。不完全な収縮だと効果が薄れるので、重量は完全に肩甲骨が寄せられる(最大収縮ができる)範囲で設定するようにしてください。

    ▼関連記事

    【デッドリフト】背筋のバーベルトレーニング

    【僧帽筋の鍛え方完全版】厚みのある背中を作る筋トレ方法をトレーナーが完全解説