【ケーブル筋トレ】バーベルトレーニングの仕上げに最適な単関節種目を部位別に解説

    Personal_Training_at_a_Gym_-_Cable_Crossover.jpg

    ケーブルトレーニングのメリットは、動作のあいだ常に一定の負荷がかかり続けることですが、それだけでなく、バーベル筋トレなどのコンパウンド種目(複合関節運動)の後の仕上げに最適なアイソレーション種目が豊富なのも魅力です。全身の筋肉部位別に、おあすすめの単関節ケーブル筋トレ種目をご紹介します。


    ■大胸筋の単関節ケーブル筋トレ


    ノーマルケーブルフライ


    ハイケーブルフライ


    ローケーブルフライ


    大胸筋の仕上げ単関節種目として最適なのがケーブルフライですが、大胸筋全体に効果のあるノーマルケーブルフライ、大胸筋下部に効果のあるハイケーブルフライ、大胸筋上部に効果のあるローケーブルフライなどのバリエーションがあります。

    ■三角筋の単関節ケーブル筋トレ


    ケーブルフロントレイズ


    ケーブルサイドレイズ


    ケーブルリアレイズ


    三角筋の仕上げトレーニングにおすすめの単関節ケーブル筋トレがレイズ系種目ですが、三角筋前部に効果的なケーブルフロントレイズ、三角筋側部に効果的なケーブルサイドレイズ、三角筋後部に効果的なケーブルリアレイズといったバリエーションがあります。

    ■上腕三頭筋の単関節ケーブル筋トレ




    上腕三頭筋の単関節ケーブル筋トレとしておすすめなのが、ライイングトライセプスエクステンションです。立って行うトライセプスプレスダウンに比べると、反動や加重などのチーティングが行えないため、よりストリクトに上腕三頭筋を追い込むことができます。

    ■上腕二頭筋の単関節ケーブル筋トレ




    上腕二頭筋の単関節ケーブル筋トレとして、非常に効果の高いのがケーブルカールです。フリーウエイトのカール系種目に比べ、どのポジションでも上腕二頭筋に負荷がかかり続けるので徹底的に追い込むことができます。

    ■大腿四頭筋の単関節ケーブル筋トレ




    大腿四頭筋の単関節ケーブル筋トレがケーブルレッグエクステンションです。通常のマシンレッグエクステンションに比べ片足ずつ行うので、よりフレキシブルに鍛えることができます。



    ▼関連記事

    【チューブトレーニング完全版】自重レーニングと組み合わせると最強のメニューを徹底紹介

    【ケーブルマシン筋トレ完全版】最大収縮まで負荷がかかり続ける魅力のトレーニング法