【映画パシフィックリムグッズ】フィギュアと全登場イェーガー&怪獣紹介

    日本のスーパーロボットに強いインスパイアを受け、巨大ロボ・イェーガーと怪獣の戦いを描いたハリウッドのSF映画の「パシフィックリム」のフィギュアやグッズをご紹介するとともに、イェーガー全機種と怪獣全種類を解説します。

    まずは、復習をかねて、こちらの公式動画をご覧ください。胸が熱くなりますね。




    また、続編である「映画パシフィックリム2」も 2017年4月7日に全米公開予定とのことですから、今から楽しみですね。

    それではさっそく、イェーガーとフィギュアをご紹介していきます。


    ■映画パシフィックリムのイェーガーたち

    ジプシー・デンジャー:第3世代:アメリカ2017年製:79m 1,980t



    アメリカで建造されたイェーガーで、やや古めの第3世代機体です。近距離での格闘戦を主に設計されています。典型的なパターンは、格闘戦で怪獣にダメージを与え、その後、左右の腕部に装備されたプラズマ砲を至近距離で撃ちこむ戦法です。2020年には「ナイフヘッド」との戦いにおいて大破、5年後に修復と改修が行われました。その際、新武装として肘部分にパンチ力を増幅する目的のロケット推進機「ロケットパンチ」が追加されました。

    ストライカー・エウレカ:第5世代:オーストラリア2019年製:76m 1,850t



    オーストラリアで建造されたイェーガーで、映画本編に登場するイェーガーのなかでは最新鋭かつ唯一の第5世代機であり、パワー、スピード、装甲、全てにおいて最高クラスの性能を持っています。背部には姿勢制御用のスタビライザー「エンジェル・ウィング」を装備している。武装は多彩で、両腕に収納されている刃「スティング・ブレード」、拳部分に装備されたイオンパンチ「メリケンサック」、胸部に内蔵されている高火力を誇る6連発ミサイルランチャー「エア・ミサイル」などを装備しています。なお、最新型ゆえにデジタル回路主体のため、EMPに弱いのが最大の弱点です。

    クリムゾン・タイフーン:第4世代:中国2018年製:76m 1,722t



    中国で建造されたイェーガーで映画本編に登場するイェーガーのなかではストライカー・エウレカに次ぐ新型機です。通常は2名で操縦するイェーガーですが、パイロットの3兄弟に合わせて3人乗りという珍しい操縦システムを持っています。右腕部を二つに分離させ、腕が三本になるのも特徴です。機動性とジャンプ力に優れており、スピーディーかつトリッキーな戦闘を持ち味としています。武装は左腕に内蔵されたプラズマ砲および右碗部2本にそれぞれ装着された回転ノコギリです。

    チェルノ・アルファ:第1世代:ロシア2015年製:85m 2,412t



    ロシアで建造されたイェーガーで、数多く製造されてきたイェーガーのなかでも初期型です。旧型ですが、ウラジオストクを6年に渡って防衛し続けた戦闘力を有し、重装甲とパワーで怪獣を叩きのめす戦法を得意としています。武装は腕部に装備された高圧電流発生装置を伸縮させて電撃パンチを叩きこむ「テスラ・フィスト」です。

    コヨーテ・タンゴ:第1世代:日本2015年製:85m 2,312t2



    日本で建造されたイェーガーで、初期型の1体ですが、映画本編では既に破壊された機体として回想シーンにのみ登場します。中距離戦型イェーガーで、武装は背部に装備されている2門のエネルギー砲「モーター・キャノン」です。初期型のため、パイロットが長時間搭乗を行うと重度の放射線被爆を被るという欠陥があります。

    ■サイドストーリーのイェーガーたち

    映画「パシフィックリム」に登場したイェーガーはこれだけですが、マンガ版やサイドストーリーに登場するイェーガーもあります。

    ホライゾン・ブレイヴ:第1世代:中国2015年:72.5m 7,890t



    中国で建造されたイェーガーで、クリムゾン・タイフーンと同じくモノアイの頭部が特徴的です。冷凍系の武装を持ち、冷却砲で怪獣を凍結粉砕する「サブゼロサッカーパンチ」を必殺技としています。

    タシット・ローニン:第1世代ペルー2015年製:74m7,450t



    ペルーで建造された日本のイェーガーで、コヨーテ・タンゴの先代機にあたります。装甲を軽量化し機動性を向上させたため、スリムな体型をしている。至近距離から腕の剣・ファングブレードで怪獣に致命傷を負わせる「コブラ・ストライク」を必殺技としています。

    ロミオ・ブルー:第1世代アメリカ2015年製:78m 7,775t



    アメリカで建造されたイェーガーで、ジプシー・デンジャーの先代機です。胸部に巨大な突起構造物があり、その内部にはガトリング砲が装備されています。近接戦闘型イェーガーで、怪獣の喉を狙う「タクティカル・ブレイク」を必殺技としています。

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    パシフィックリム・イェーガー一覧


    ■設定上のイェーガーたち

    このほかにも、設定上存在するイェーガーは以下の通りです。

    ディアブロ・インターセプト:第2世代:ペルー製

    ソーラー・プロシェット:第2世代:ペルー製

    ピューマ・リアル:第2世代

    パナマエデン・アサシン:第2世代

    ショウリン・ローグ:第3世代:中国2017年製

    マタドール・フューリー:第3世代:メキシコ製

    ヴァルカン・スペクター:第3世代:オーストラリア製

    クローム・ブルータス:第3世代:カナダ製

    ヒュドラ・コリンシアン:第4世代:アメリカ2018年製

    マンモス・アポストル:第4世代:アメリカ製

    ノヴァ・ヒュペリオン:第4世代:韓国製

    エコー・セイバー:第4世代:日本製

    ■パシフィックリムの怪獣たち

    次に異空間からの侵略者である怪獣をご紹介します。

    アックスヘッド:2013年出現



    カーロフ:2015年出現

    レッコナー2016年出現

    オニババ:カテゴリー2:2016年出現:57m 2,040t

    ヤマアラシ:カテゴリー3:2017年出現:2,500t

    ナイフヘッド:カテゴリー3:2020年出現:96m 2,700t



    ムタヴォア(ブレードヘッド):カテゴリー4:2024年出現



    レザーバック:カテゴリー4:2025年出現:81m 2,900t

    オオタチ:カテゴリー4:2025年出現:63m 2,690t



    スカナー:カテゴリー4:2025年出現:134m 3,230t

    ライジュウ:カテゴリー4:2025年出現:109m 3,475t

    スラターン:カテゴリー5:2025年出現:181m 6,750t


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    パシフィックリム怪獣一覧


    ■映画パシフィックリムのグッズ

    最後に、フィギュア以外のパシフィックリムグッズをご紹介します。













    【愉快なカバ雑貨グッズ】文具・置物・キーホルダーからぬいぐるみまで一挙紹介



    カバは、愉快でちょっと間抜けな印象で、幅広い年齢層に人気の動物です。そのグッズを文具・置物・キーホルダー・ぬいぐるみといった人気のカテゴリーから厳選してご紹介します。

    ■カバってどんな生き物?


    ●牛やイノシンに近縁な水生哺乳類




    カバは偶蹄目に属する大型の草食性水生哺乳類です。長らくその進化の過程は謎に包まれていましたが、近年のDNA解析の研究により、牛やイノシンに近縁であることがわかりました。

    それでは、ここからはカバグッズをご紹介していきます。詳細は各リンク先でご確認ください。

    ■カバの文具


    愉快なカバの文具を集めました。仕事中にクスッと癒されそうですね。









    どれも魅力的ですが、ホッチキスが素晴らしいですね。

    ■カバの置物


    次に、密かな人気のカバの置物をご紹介します。眺めていると、ほっこり癒されそうですね。











    可愛らしいタイブからリアルなものまでありますが、口を閉じているカバもいいものですね。

    ■カバのぬいぐるみ


    続いて、大人から子供まで人気のカバのぬいぐるみをご紹介していきます。









    ■その他のカバグッズ


    最後に、これは技あり!と感じたカバグッズのご紹介です。







    お気に入りのカバグッズは見つかりましたか?

    【天体の大きさを映像で比較】壮大な画像と動画で視覚的にご紹介|宇宙の神秘を体感

    sun-1506019_960_720.jpg

    太陽系第三惑星の地球の表面に暮らしていると、宇宙の壮大さを感じる機会は天体観察くらいしかありません。大きく広く感じる地球も太陽系の規模からすればとても小さなものです。その太陽系ですら、銀河系全体からすれば微小なものです。そんな宇宙の壮大さを、画像や動画などの映像とともにご紹介します。

    ■空は高く広い?いや、薄い膜です


    earth-1365995_960_720-crop.jpg

    私たちが暮らしている太陽系第三惑星の地表から見上げる空=大気圏は、どこまで高く続くように感じられます。では、科学的・客観的に大気圏を分析すると、その厚さはどのくらいなのでしょう?

    地球を直径6cmのテニスボールに例えてみましょう。大気圏の厚さは……なんと1mm……そう、無限に続くかのよう二思える空は、地球を取り巻く薄い層なのです。

    それでは、壮大な宇宙の旅に出かけてみましょう。

    ■月と地球・他の衛星との比較


    Moons_of_solar_system_v7_ja.jpg


    まずは、地球に最も近い天体である月と地球、そして他の惑星の衛星=月の大きさを比較してみましょう。月は地球の衛星ですが、衛星としては大きく、地球より遥かに大きな惑星である木星や土星の衛星にも劣らない大きさをしています。

    このため、地球と月の関係は惑星・衛星の関係ではなく、兄弟惑星(連星)とする意見もあるほどです。それでは、地球圏を抜け出し、太陽系へと進んでいきましょう。

    ■太陽とその惑星たちの比較


    solar-system-11596_960_720_20161029124321a1f.png

    太陽系には8つ惑星があります、太陽に近い順に「水星」「金星」「地球」「火星」「木星」「土星」「天王星」「海王星」です。第一惑星から第四惑星までは固体の惑星で「地球型惑星」とも呼ばれ、第五惑星から第八惑星までは気体と液体の惑星で「木星型惑星」とも呼ばれています。その大きさを比較したものがこちらの画像です。

    solar.jpg
    出典:www.study-style.com

    こして、こちらが各惑星の周回軌道と太陽からの距離を模式的にあらわした画像です。

    この二つの画像を見ていると、太陽系のスケールの大きさや太陽の巨大さに圧倒されますね。こんな巨大に感じる太陽ですが、実は銀河系に数ある恒星のなかでは、決して大きな恒星ではありません。

    ■銀河系・太陽と他の恒星の比較


    StarDiams.gif
    引用:www.astronomycafe.net

    こちらの画像をご覧ください。右上の太陽の直径を1として、他の巨大恒星と比較したものです。大きな恒星では、実に太陽の70倍以上の大きさがあります。

    Galactic_Quadrant_Star_Trek.png


    そして、このような恒星が実に2000億個も集まって銀河系を構成しています。太陽は銀河系でも外縁部にあたる付近に位置しています。図中の赤い点が太陽です。

    ngc4169-041110-12.jpg
    引用:www.astro-pat.com

    そして、銀河系は近隣のアンドロメダ銀河、さんかく座銀河とともに上の画像のような銀河群を形成していると考えられています(写真は大型望遠鏡で撮影された他の銀河群)。

    宇宙の無限さと壮大さに圧倒されますね。

    ■宇宙の壮大さが体感できる動画


    最後に、下の動画をご紹介します。太陽系にはじまり銀河へと徐々にスケールアップしていく天体の比較の世界が視覚的にわかりやすく表現されています。



    【天体望遠鏡の選び方】に戻る≫

    【買うべきでない望遠鏡】性能は倍率ではなくレンズ直径で決まる

    一万円以下で売られている天体望遠鏡を、安価だからといって購入したものの、全く使い物にならない……というのはよく聞く話です。そうならないためにも、望遠鏡の基礎的な部分を解説します。

    ■最高倍率200倍!に騙されてはいけない




    安価に売られている天体望遠鏡は屈折式望遠鏡であり、また、最低ランクとしておすすめできるのも屈折式望遠鏡なので、本記事では屈折式望遠鏡に焦点を絞って解説します。

    なお、屈折式望遠鏡=ダメな望遠鏡ではありませんので誤解のないようにしてください。天体ファンの多くは安価な屈折式望遠鏡にはじまり、コスパの良い反射式望遠鏡を使い込み、最終的には高性能屈折式望遠鏡に戻ると言われています。

    話を元に戻します。

    ホームセンターや量販店で「最高倍率200倍!」などの売り文句で販売されている、一万円もしないようなコンパクトでカメラ三脚つきの天体望遠鏡を見たことがありますよね?

    それこそが、買うべきでない、いや、買ってはいけない天体望遠鏡です。

    上の図を見てください。

    望遠鏡の倍率は対物レンズ(図中1)の焦点距離÷接眼レンズ(図中2)で決まります。

    つまり、どんなに性能が悪くても、レンズ製品でありさえすれば接眼レンズの焦点距離を短くするだけで「いくらでも倍率は上げられる」のです。

    まして、接眼レンズの焦点距離を短くするということは、より屈折率の高いレンズを使用するということです。焦点距離の短い接眼レンズほど精密に加工する必要があります。

    少し精度の良いルーペ(接眼レンズと同じ構造)なら数千円ほどします。それを考えると、数千円できちんとした天体望遠鏡が作れるはずはありませんよね。最高倍率に騙されてはいけません。

    では、天体望遠鏡の性能とは何によって決まるのでしょう?

    ■レンズ直径比の二乗で性能は上がっていく




    天体望遠鏡の性能を一言で言えば、対象の天体をどれだけ詳細に見られるか、ということになります。それは言い換えると、どれだけ多くの光を集められるか、ということです。

    つまり、対物レンズの直径が大きければ大きいほど、天体望遠鏡はよく見えます。具体的には、小口径のレンズではいくら倍率を上げても土星の輪は本星にくっついてレモン型にしか見えません。そして、大口径のレンズでは低倍率でもくっきりと土星の輪が分離して見えます。

    なお、よく誤解されていますが、直径5cmの対物レンズと直径10cmの対物レンズの性能差(集光力)は倍ではありません。光を集める性能はレンズの面積に比例しますので、直径比の二乗、すなわち四倍の差があります。

    ■色収差を補正する性能




    素材がガラスでもプラスチックでも、レンズは光を通す透明な固体です。このため、レンズを通過する光は色による屈折率の違いで分離します。

    この色の分離=にじみのことを色収差といいます。天体望遠鏡の対物レンズは、この色収差を補正するために、屈折率の違う複数のレンズを貼りあわせた構造になっています。この補正が効いたレンズほど性能が高く、価格も同様に高くなります。

    色収差補正レンズには、二色に対して二枚のレンズ群で補正をしたアクロマートと、三色に対して三枚のレンズ群で補正をしたアポクロマートがあり、当然ながら後者のほうが高額になります。

    また、高級な屈折式望遠鏡には、色による屈折率のすくない特殊素材である蛍石(フローライト)を対物レンズに使用したものがありますが、数十万円から百万円ほどと、かなり高額になります。

    ■初めての天体望遠鏡の最低ライン


    最後に、初めての天体望遠鏡として買ってもよいと言える最低ラインのものを各メーカーからご紹介します。

    なお、天体望遠鏡はレンズ加工技術など、メーカーの技術差がそのまま性能にでます。国産天体望遠鏡メーカーとして一般的に国内認知されているのは以下のメーカーですので、ぜひ覚えておいてください。

    ビクセン・ケンコートキナー・ミザールテック・高橋製作所・ペンタックス・ニコン

    このほかに、ミードやセレストロンは国産メーカーが正規代理店をする海外ブランドなので安心です。

    各メーカーの天体望遠鏡として最低ラインの性能を備えたものは以下の通りです。









    【天体望遠鏡の選び方】に戻る≫

    【癒しのおもちゃ特集】思わず和んでしまう可愛いアイテム大集合

    癒しのおもちゃの定番はゆらゆら揺れるソーラー系のものや犬や猫をモチーフにしたものが人気ですが、そのほかにも思わず和んでしまうものがたくさんありますね。そんな可愛いアイテムを集めました。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ソーラー トイ ひだまり ガーデン 【 フラワー ピンク 】

    まずご紹介するのが、超定番のこちらです。電池不要の太陽電池でゆらゆらと動いて空間を和ましてくれます。




    ちなみに、こちらが実際の動画です。これまた癒し系動物の猫との組み合わせが、思わず和まされてしまう動画ですね。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ひだまりスノーマン ソーラートイ

    真夏のキャラクターひまわりの癒し系おもちゃに対抗できそうなのがこちらの「ひだまりスノーマン」です。季節によって使い分けるのも楽しいでしょう。




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    癒しの赤ちゃん人形 のんちゃん

    楽天ランキングで1位を獲得しているのが、こちらの「のんちゃん」です。眠たそうな目が癒し感満載ですね。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    +d カオマル ブラウン ニッ d-840-NI

    ひそかに人気の癒しのおもちゃが、こちらの「かおまる」です。イライラする出来事があった時は、このかおまるをギューっと握りつぶしてストレス発散をしましょう。




    こちらは「かおまる」の公式動画です。これはなかなか楽しいそうなおもちゃですね。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ZAQ ざっくぅ ストレスリリーサー(めあき)

    こちらも「むぎゅっと」系のストレスリリーサーの「ZAQ」です。日常のちょっとしたストレスは、溜め込まずにその場でリリースするのが健康的かも知れませんね。




    こちらは「ZAQ」の楽天公式動画です。こんな使い方が正しい使用方法です。




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ストレス解消!バーン・ボーン (イエロー)

    こちらも同様のストレスリリーサーです。不思議な触感が人気ですよ。




    癒し系ぬいぐるみとしてジワジワと注目されているのが、こちらのフモフモさんシリーズです。けっこうたくさんの種類があります。気になる方は下記の公式ショップページでご確認ください。

    ぬいぐるみ 抱き枕 フモフモランド




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    スミスキー -Series 2- BOX

    最後にご紹介するのが、こちらのスミスキーのミニフィギュアです。生活空間の隅っこに置いておけば、ちょっとした瞬間に癒されること間違いありません。

    【癒しグッズ特集】に戻る≫