【おすすめスチームクッカー】電気蒸し器(スチーマー)のメーカー比較・口コミ感想評価のご紹介



    スチームクッカー(電気スチーマー)は、食材の中の水分子を加熱する電子レンジと違い、食材を外から優しく温めるので、食材の味や栄養素を損なわないと人気が高まっています。なお、筆者の家にも電子レンジはありません。

    数あるスチームクッカー(電気スチーマー)のなかでも、人気の高いメーカー製品の比較と口コミ評価のご紹介をします。
    写真:楽天市場

    ■電子レンジはいらない


    ●中から加熱して風味と栄養を破壊する




    まずは電子レンジの基本的な仕組みをご紹介します。

    電子レンジは交流電流の+-極が一秒間に50~60回入れ替わる性質を利用し、プラス極とマイナス極の中心が異なる構造の水分子を強制的に振動させて発熱させて食品を温めます。

    通常の加熱では食品の表面から徐々に熱が通っていくのに対し、電子レンジの加熱では食品の中から一気に全てが加熱されます。

    実は、この「中から一気に全てを加熱する」ことにより、せっかくの食品・食材の風味ばかりか、大切な栄養素まで壊されているのです。

    ■電子レンジのダメな理由




    電子レンジが、食品の中の水分子を一気に全て加熱することにより、食品・食材をだめにしている点は、主に以下の三つです。

    ●細胞膜を破裂させる




    食品は植物または動物なので、小さな細胞が集まってできています。これを電子レンジで加熱すると、全ての細胞内の水分が一気に発熱膨張するため、体積の逃げ場のなくなった細胞は、細胞を包む細胞膜が破裂してしまいます。

    もちろん、こうなると旨味成分でもある細胞内容物は流失し、風味は激減します。

    ●ビタミン類が壊れる




    食品には、タンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素のほかにも、健康に大切な微量成分=ビタミンが含まれています。そして、ビタミン類のなかには加熱により壊れてしまうものも少なくありません。

    通常の加熱では、食材の中のほうのビタミンは破壊されずに残りますが、食品の中から一斉に加熱する電子レンジでは、より多くのビタミンがあっという間に破壊されてしまいます。

    これでは、見た目は同じでも、中身の全然違う料理になってしまいますね。

    ●タンパク質が熱変性する




    食品に含まれるタンパク質は、50度弱の温度で熱変性を起こして固まります。

    通常の加熱では、熱変性を起こさずに柔らかいままの部分も残りますが、電子レンジ加熱ではより多くの部分が一気に熱変性を起こして固まってしまいます。

    普通に考えて、電子レンジは食品の美味しい加熱方法とは言えませんよね。

    ■電子レンジのかわりになる機械


    ●スチームクッカーは表面から優しく食品を温める




    そこで、加熱や蒸し調理におすすめしたいのが、電気蒸し器(スチーマー)=スチームクッカーです。

    スチームクッカーは、食品を表面から優しく温めてくれるので、食材の旨味や栄養を損なわずに調理や温めが可能です。

    それでは、次の項目からは人気でおすすめのスチームクッカー(電気スチーマー)をメーカー別に並べて比較紹介するとともに、その代表的な口コミ評価もご紹介していきます。

    なお、詳細につきましては各リンク先でご確認ください。

    ■おすすめスチームクッカー(電気スチーマー)と口コミ評価


    ●ツインバード フードスチーマー SP-4137W



    ★★★★★「野菜を蒸してドレッシングかけたら凄い量ですが食べれていいです。お芋などの固い野菜は40分ぐらい掛かるので電気代が気になりますがとても美味しくて甘みも出てほぼ毎日使ってます。レシピやそれぞれの野菜の蒸し時間の目安の一覧表もあり助かってます。」

    ★★★★★「肉・野菜を蒸して食べてみましたが、美味しくて良かったですね。今夜は卵やシュウマイも蒸して見ようと思っています。」

    ▼Amazonで比較する
    TWINBIRD フードスチーマー ホワイト SP-4138W

    ツインバードのフードスチーマーがこちらです。楽天では一番人気のスチームクッカーになります。さらに詳しい口コミ評価はリンク先でご確認ください。

    ●ティファール 電気蒸し器 スチームクッカー ミニコンパクト VC131170



    ★★★「思ったよりもコンパクトでした早速 サツマイモを蒸しました美味しかったです。」

    ▼Amazonで比較する
    ティファール 電気蒸し器 スチームクッカー ミニコンパクト VC131170

    コンパクトで人気なのが、クッキング器具の有名メーカーであるティファールのスチームクッカーです。さらに詳しい口コミ評価はリンク先でご確認ください。







    なお、ティファール製のスチームクッカーにはいくつかのサイズ・カラーバリエーションがありますので、どうぞご比較ください。また、Amazonでティファール製電気スチーマーをお探しの方は、下記リンクが一覧になります。

    ▼Amazonティファールスチーマー一覧
    ティファール製スチームクッカー(電気スチーマー)一覧

    ●ラッセルホブス ミニスチーマー 7910JP



    ★★★★★「到着が、早かったです。早速、卵と上段にはカボチャを入れて使ってみました。初めてでも使いやすく、見た目コンパクトなのに、かなり大容量。半熟ゆで卵と、ホクホクのカボチャが出来ました。これから、出しっぱなしで、毎日使いたいです。蒸し料理が好きなのに、鍋は面倒くさい、スチームケースで電子レジンでチンはイマイチ…。スチーマーを購入しようか迷って数年。見た目善しのスチーマーも増えてきて、他のスチーマーとも迷いましたが、これにして良かった。迷ってるなら絶対おすすめします。」

    ★★★★「凄くいいです。 肉まんを蒸したら、ほっかりしっとりとできました。レンジではパサパサしていたのですが…。樹脂特有の臭いもありませんでした。買って良かったです。」

    ▼Amazonで比較する
    ラッセルホブス ミニスチーマー エッグトレイ付

    こちらもかなり高い人気を誇る、イギリスの老舗家電メーカー・ラッセルホブスのミニスチーマーです。さらに詳しい口コミ評価はリンク先でご確認ください。

    なお、ラッセルホブス製のスチームクッカーには、大型の三段仕様のものもあります。

    ▼Amazonで調べる
    Russell Hobbs 21140 Three Tier Food Steamer, 9 L, 800 W - White [並行輸入品]

    ●その他メーカー製スチームクッカー


    最後に、その他メーカー製のスチームクッカーを並べてご紹介します。詳しくは各リンク先でご確認ください。











    ▼Amazonでスチームクッカーを調べる
    スチームクッカー検索結果一覧

    お気に入りのスチームクッカーが見つかれば幸いです。

    【筋トレむきチャーシュー丼】焼豚の手軽な料理レシピ|ネギまみれ!



    バルクアップ筋トレ後におすすめの筋肥大に最適なチャーシュー丼の作り方レシピをご紹介します。豚肉は筋肉合成に関わるビタミンB群を多く含むので、効率的な筋トレ食材です。

    ■チャーシューのカロリー・栄養素


    ●高タンパク質で意外と低カロリー




    こちらが、今回の材料の主となるチャーシューで、非常に脂身の少ないものです。なお、一般的なチャーシュー100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:172kcal 
    タンパク質:19.4g (77.6kcal) 
    脂質:8.2g (73.8kcal) 
    炭水化物:5.1g (20.4kcal) 

    チャーシューと言えばハイカロリーで筋トレには不向きなイメージがありますが、意外と低カロリーで高タンパク質と、トレーニングにふさわしい食材であることがわかります。

    ■筋トレチャーシュー丼の作り方


    ●煮卵も添えて本格的に




    今回は、チャーシューに味の相性がよい煮卵も作って、少し凝った仕上がりを目指しました。

    まずは、茹で玉子を作って殻をむき、写真のようにビニール袋にだしの素・みりん醤油と一緒に入れて放置します。

    煮込まずに味を染み込ませることで、必要以上に卵が煮詰まってしまうのを防ぐことができます。



    煮卵をセットしたら、チャーシューをフライパンでタレとともに加熱していきます。

    タレは市販のチャーシューのタレや焼肉のたれをお好みにあわせてチョイスしてください。



    チャーシューを焼いている間に、丼にご飯をよそいます。



    チャーシューも美味しそうに仕上がりました。



    チャーシューをご飯の上に盛り付けていきます。一般的に、筋トレむきの丼を作るときはご飯が見えない程度に具を乗せると、高タンパク質適正カロリーになります。



    次に、フライパンに残ったチャーシューのタレに刻みネギを入れて軽く加熱します。



    事前に漬けておいた煮卵も良い感じになりましたので、半分に切って盛り付けていきます。

    なお、茹で玉子類は縦に切ると白身と黄身の配分が揃うとともに、見栄えもよくなります。



    ラーメン屋さんや中華料理店にも負けないくらい美味しくて見栄えのよい「チャーシュー丼ネギまみれ」が完成しました。

    簡単で美味しくて、筋肉にも良いので、是非チャレンジしてみてください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    【チーズバーガー筋トレ最適化チャレンジ】ジャンクフードを優良食事にする方法

    cheese-burger.jpg

    ジャンクフードの代名詞のように言われるマクドナルドのハンバーガーですが、一手間かければ優良な筋トレバルクアップ食事になります。今回は、マクドナルドのダブルチーズバーガーとマックチキンナゲットをベースに、筋トレ食品として最適化チャレンジを行いましたので、その過程と結果をご紹介します。

    ■ダブルチーズバーガー+マックナゲットのカロリー・栄養素


    ●やはり比率が高カロリーに傾いている


    mackset.jpg

    まずは、今回のベースであるマクドナルド・ダブルチーズバーガーとマックチキンナゲットのカロリー・栄養素を公式ページから抜粋しました。

    ○ダブルチーズバーガー一食分のカロリー・栄養素

    カロリー:463kcal
    タンパク質:27.4g (109.6kcal)
    脂質:25.2g (226.8kcal)
    炭水化物:31.6g (126.4kcal)

    ○チキンナゲット一食分のカロリー・栄養素

    エネルギー:214kcal
    タンパク質:17.68g (70.72kcal)
    脂質:12g (108kcal)
    炭水化物:6.98g (27.92kcal)

    筋肥大のための最適な栄養素バランスは、タンパク質とその倍量のカロリーですので、大きく高カロリーに傾いていることがわかります。

    ■ダブルチーズバーガーの筋トレ最適化


    ●良質なタンパク質で栄養素バランスを黄金比率にする




    こちらが、ダブルチーズバーガーセットと最適化チャレンジに使う牛赤身肉およびサラダです。

    そもそも、ジャンクフードとは低タンパク質高カロリーで食物繊維が欠如した食事のことなので、高タンパク質低カロリーの牛赤身肉で栄養素バランスを矯正するとともに、サラダで食物繊維を追加します。

    なお、今回使用した、脂身のほぼない牛赤身肉は190gで、そのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:241kcal
    タンパク質:40.28g (161.12kcal)
    脂質:7.41g (66.69kcal)
    炭水化物:0.57g (2.28kcal)

    ここに、先ほどのダブルチーズバーガーとマックナゲットのカロリー・栄養素を合算すると次のようになります。

    エネルギー:918kcal
    タンパク質:85.36g (341.44kcal)
    脂質:44.61g (401.49kcal)
    炭水化物:39.15g (156.6kcal)

    バルクアップ筋トレに最適な栄養素バランスの黄金比率は、タンパク質とその倍量のカロリーですので、その比率に近くやや低カロリーに傾いた、非常に優秀なバランスの食事になります。

    それでは、実際に行った調理方法をご紹介していきます。



    まずは、テフロン加工のフライパンで牛赤身肉を油を使わずに焼いていきます。



    牛赤身肉が焼き上がったら、ダブルチーズバーガーと合体させていきます。



    お皿にダブルチーズバーガー・マックナゲット・サラダを盛り付け、ハンバーガーの上部バンズを外します。



    牛赤身肉を追加します。



    バンズを元に戻します。やや牛赤身肉がはみ出していますが、フォークとナイフを使ってアメリカンスタイルで食べれば全く問題ありません。

    なお、サラダはドレッシングなしで食べる習慣をつけておくことをおすすめします。

    感想としては、通常のダブルチーズバーガーよりもボリューミーで、なおかつ風味や肉質・食感も大幅に向上し、美味しかったです。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    【筋トレむきチャーシューメン】豚ヒレ+生麺でベストな栄養の中華そば



    筋トレ後の食事としても最適なチャーシューメンの作り方をご紹介します。一般的にトレーニングとラーメンは相性が悪いように言われていますが、高タンパク質低カロリーな豚ヒレチャーシューとあっさり系の生麺を組み合わせれば、とても栄養バランスのよい食事になります。

    ■あっさり系生麺ラーメンのカロリー・栄養素


    ●予想以上にタンパク質があり低カロリー




    まずは、市販の生麺ラーメンのなかでもあっさり系のカロリー・栄養素を見てみましょう。

    エネルギー:351kcal
    タンパク質:12.9g (50.6kcal)
    脂質:7.9g (70.1kcal)
    炭水化物:57.9g (230.6kcal)

    意外と植物性タンパク質も多く低カロリーであることがわかります。また、脂質はスープに含まれているので、スープを飲みきらなければ脂質分のカロリーの多くは摂取を避けることができます。

    次に一般的なチャーシュー100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:172kcal
    タンパク質:19.4g (77.6kcal)
    脂質:8.2g (73.8kcal)
    炭水化物:5.1g (20.4kcal)

    これは、もも肉チャーシューの値ですが、こちらも意外と高タンパク質低カロリーであることがわかります。

    なお、今回使用したチャーシューはヒレ肉のものなので、さらに高タンパク質低カロリーです。なお、豚ヒレ肉100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:115kcal
    タンパク質:22.8g (91.2kcal)
    脂質:1.9g (17.1kcal)
    炭水化物:0.2g (0.8kcal)

    さらに、高タンパク質低カロリーで筋トレむきであることがわかります。

    ■筋トレむきチャーシューメンの作り方


    ●簡単に作れて美味しい




    こちらが、今回の材料のあっさり系生麺ラーメン・ヒレ肉チャーシュー・煮卵・もやし・ネギです。



    まずは、ラーメンの麺をゆがいていきます。



    ゆがいた麺はラーメン鉢に入れます。



    鍋に規定量よりやや少なめの水とモヤシを入れ、スープの素を入れて加熱します。水を少なめにするのは、モヤシの水分を考慮してのことです。



    並行して、チャーシューにタレをかけて加熱していきます。



    スープが沸いたらラーメン鉢に入れます。



    続いて、チャーシューと煮卵をトッピングします。



    最後にネギをたっぷり乗せて完成です。

    ラーメンやチャーシューは筋トレに悪いように言われますが、材料の栄養素をしっかり確認すれば、全く問題のない筋トレ優良食品になります。

    ■この記事を読んだ人におすすめの食材




    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

    【豚バラ肉を筋トレ最適化チャレンジ】ケトジェニックの基礎も解説



    いただきものの豚バラ肉(鹿児島黒豚)を、なんとか脂抜きして筋トレ最適化するチャレンジをご報告するとともに、脂質の多い肉類を食べざるをえない時に有効なケトジェニック食事法の基礎知識をご紹介します。

    ■豚バラ肉のカロリー・栄養素


    ●とてもではないが脂が多すぎて食べられない


    一般的な豚バラ肉100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:386kcal
    タンパク質:14.2g (56.8kcal)
    脂質:34.6g (311.4kcal)
    炭水化物:0.1g (0.4kcal)

    豚バラ肉は約半分が脂身なので、このように超高カロリーでタンパク質は低めです。

    さすがに、筋トレをしている人はこのまま食べるのは無理そうです。しかし、食べ物は粗末にしてはいけませんし、贈った方の気持ちを大切に、なんとか脂抜きに挑戦しました。

    ■豚バラ肉の脂抜きチャレンジ


    ●大量のお湯で何度も煮込む




    家にある一番大きな鍋で、脂を煮出すことにしました。



    このように、ガンガンと沸騰させていくと、お湯が白濁して脂質が溶け出してきます。10分ほど煮込んだところで、一番お湯を捨てます。



    このような感じになりました。まだまだ大量の脂質を含んでいます。



    二回目の煮込みです。どんどんとお湯が白濁してきましたので、また10分ほど沸騰させてお湯をすてます。



    やや、脂身が縮小したでしょうか。いずれにせよ、まだまだかなりの脂です。





    三回目と四回目の煮込みの様子です。脂身にやや透明感が出て、若干低カロリー化できたように感じましたが、このまま煮込むと肝心の赤身部分が煮崩れそうなので、これ以上の煮込みは断念しました。



    カプサイシンの脂肪燃焼効果を期待して、かなり多目の唐辛子を入れるとともに、ケトジェニック食事法に切り換えるため、砂糖・みりんを使わず醤油だけで味付けをして完成です。



    このような仕上がりで、とても美味しかったのですが、やはり相当カロリーは高そうです。このため、ご飯は食べずにケトジェニック食としました。

    ■ケトジェニックダイエットとは


    ●糖質を一切摂らずに脂肪酸をエネルギーにする


    ケトジェニック食事法とは、体内で糖質が枯渇した場合、人間の身体が脂肪酸を優先的に燃焼させてエネルギーにする性質を利用したダイエット法です。

    炭水化物などの糖質を一切摂らずに肉類だけ食べるので「ライオンダイエット」とも呼ばれています。

    ただし、本来は今回のように一回だけ糖質抜きをしても効果が低く、効果的に脂肪酸を燃焼しダイエットを成功させるためには、習慣的に糖質抜き(一日一回だけご飯を食べる頻度)にし、身体をケトジェニック体質にする必要があります。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも