【グランピング場】日本の人気施設を関東・東海・関西から紹介(宿泊予約・連絡先)



    日本国内トップランキングの人気おすすめグランピング場を関東(東京)・東海(名古屋)・関西(大阪神戸)の大都市近郊から厳選してご紹介します。 宿泊予約や連絡先、公式ホームページも掲載しています。グランピングとは手ぶらで楽しめる豪華設備のラグジュアリーキャンプのことで、日本では山梨(関東)・静岡(東海)・三重(関西)・淡路島(関西)などに有名な施設があります。

    ■山梨(関東・東京)の人気グランピング場


    ●星のや富士(山梨県)




    遊びフィールド・外を感じる快適な客室・グランピングマスター・シェフのキャンプ飯の4つの魅力が人気のグランピング場で、東京・埼玉・千葉など関東圏からのアクセスが便利です。ラグジュアリーな雰囲気のなかで「自然の心地よさ」を感じられる有名な施設です。

    ■基本情報
    ・住所:〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
    ・電話: 050-3786-0066(8:00~21:00)
    ・料金:1泊2日1室 45,000円~
    ・公式:星のや富士公式ページ

    【グーグルマップはこちら】

    ■三重(関西・大阪)の人気グランピング場


    ●伊勢志摩エバーグレイズ(三重県)




    伊勢志摩エバーグレイズは、関西・大阪から電車一本で行ける利便性の高いグランピング場です。数あるサイト(宿泊施設)のなかでもエバーグレイスで一番ラグジュアリーなレイクサイドスウィートサイトが「キャビンカリフォルニアカヌー付」です。その宿泊はまさにグラマラスで至高のひとときでしょう。全てにおいて最上級なフルセット空間で、贅沢きわまりないキャンプ体験が満喫できる設備です。ディナーには、本場のアメリカンバーベキューを堪能し、降ってきそうなほどの満天の星空は一生の思い出になること間違いなしでさす。

    ■基本情報
    ・住所:〒517-0213 三重県志摩市磯部町穴川1365-10 伊勢志摩エバーグレイズ
    ・電話: 0120-592-364(9:00~17:00)
    ・料金:1泊2日1室 35,800円~
    ・公式:伊勢志磨エバーグレイズ公式ページ

    【グーグルマップはこちら】

    ■静岡の人気グランピング場(東海・名古屋)


    ●初島アイランドリゾート アイランドキャンプヴィラ(静岡県)




    アイランドキャンプヴィラは東海地方の中心都市である名古屋から行くのに便利なグランピング場です。優しい潮騒や甘い海風といった自然の織り成すハーモニーに包まれて眠り、海の魅力を五感全てで体感できるテント地サイトが人気の宿泊施設です。天幕は寒暖を和らげる二重構造で、さらにサイトには冷暖房も完備されています。木の温もりを感じられるフローリングとラグジュアリーのマットレスはとても快適……ワンランク上のデートキャンプにもおすすめです。なお、夕食や朝食も宿泊施設まで作りたてが運ばれるので、王子様・お姫様王様気分の贅沢さが味わえます。

    ■基本情報
    ・住所:〒413-0004 静岡県熱海市初島 富士急マリンリゾート
    ・電話:0555-30-4580(9:00~17:00)
    ・料金:1泊2日1棟あたり 9,300円~
    ・公式:初島アイランドリゾート公式ページ

    【グーグルマップはこちら】

    ■淡路島(関西・神戸)の人気グランピング場


    ●FBI AWAJI(淡路島・兵庫県)




    FBI AWAJIは、船瀬に立地している閑静な大人向けのグランピング場です。関西の大都市・神戸から明石大橋経由で簡単に行く事ができます。宿泊施設にはビーチバーやレストランなどの飲食施設も隣接しており、ランチにはバーベキューが、ディナーでは素敵な音楽とともにドリンク類が堪能できます。。

    ■基本情報
    ・住所:〒656-1344 兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
    ・電話: 0799-34-0900(10:00~20:00)
    ・料金:大人1人 1泊18,000円~
    ・公式:FBI AWAJI公式ページ

    【グーグルマップはこちら】

    ■その他の日本のグランピング場


    ●花の森オートキャンピア(山梨県:関東エリア)




    花の森オートキャンビアは「グランピング女子会」が開かれるほど女性に人気の高い施設で、敷地内にはその名の通り美しい花々が咲き誇っています。ハイエンドなコテージ風キャビンの宿泊施設にはジャグジーつきのジェットバスも完備されています。

    ■基本情報
    ・住所:山梨県南都留郡道志村上中山9709-1
    ・電話番号:0554-52-2776
    ・料金:2名/¥6,600~¥11,000

    ▼公式ホームページ

    花の森オートキャンビア

    【グーグルマップはこちら】

    ●キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県:関東エリア)




    高原リゾートとして名高い那須高原に解説された高級オートキャンプ・グランピング施設で、「こどもにきゃんぷ」がコンセプトになっています。自然にふれあう機会の少ない都会の子供たちにおすすめのスポットです。ウッドハウスのコテージは快適で安全……ヤングファミリーに最適ですよ。

    ■基本情報
    ・住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
    ・電話番号:0278-64-4677
    ・料金:大人2名¥5,000~¥32,000

    ▼公式ホームページ

    キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

    【グーグルマップはこちら】

    ●森と星空のキャンプヴィレッジ(栃木県:関東エリア)




    都内から車で2時間というアクセス良好な立地条件とゴージャスなテント&料理が人気の秘密のグランピングスポットです。そして、ここだけの魅力は、なんと言っても温泉施設が完備されていることです。

    ■基本情報
    ・住所:〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
    ・電話:0284-64-0489(9:00~17:30)
    ・料金:1泊2日1室 36,410円~

    ▼公式ホームページ
    森と星空のキャンプヴィレッジ

    【グーグルマップはこちら】

    ●北軽井沢スウィートグラス(群馬県:関東エリア)




    ワンランク上の避暑地・北軽井沢にあるコテージタイプのグランピング施設です。周辺にも上品で高級な観光施設が多いエリアですので、グラマラスな休日が過ごせること間違いなしです。

    ■基本情報
    ・住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
    ・電話:0279-84-2512(9:00~17:00)
    ・料金:1泊2日1棟あたり7,200円~

    ▼公式ホームページ
    北軽井沢スウィートグラス

    【グーグルマップはこちら】

    ●WILDMAGIC –THE THIRD PARK TOYOSU–(東京都・豊洲)




    都内・豊洲にある都市型高級アウトドア施設がWILDMAGICです。ワンランクどころかツーランク上の豪華プレミアムバーベキューをソファーでいただきながら、100万ドルの夜景を堪能できます。まさに、勝ち組のアウトドアスタイルです。

    ■基本情報
    ・住所:東京都江東区豊洲6-1-23
    ・料金:11,500円~

    ▼公式ホームページ
    WILDMAGIC –THE THIRD PARK TOYOSU–

    【グーグルマップはこちら】

    ● アウトドア・スポーツ・パーク(埼玉県:関東エリア)




    ゴルフ場に併設されたバーベキュー施設には、豪華なラグジュアリーテントが整備されておりグラマラスなグランピングも楽しめます。

    ■基本情報
    ・住所:〒342-0013 埼玉県吉川市吉屋525
    ・電話番号:048-916-2133
    ・料金:一人15000円~

    ▼公式ホームページ

    アウトドア・スポーツ・パーク

    【グーグルマップはこちら】

    ●GRAMPING HAYAMA(神奈川県:関東エリア)


    beach-1092734_960_720.jpg

    2015年8月オープンしたばかりの注目のグランピングスポットがGRAMPING HAYAMAです。プールが完備されたコテージにはキッチンも完備されケータリングディナーが満喫できます。また、マリンスポーツなどさまざまなアクティビティープランも用意されています。

    ■基本情報
    ・住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2378-3
    ・料金:1人35,000円

    ▼公式ホームページ
    GRAMPING HAYAMA

    【グーグルマップはこちら】

    ●アクアビレッジ(静岡県:東海エリア)




    西伊豆のひっそりとしたシーサイドに立地している施設で「ラグジュアリーな大人の秘密基地」がコンセプトの施設です。豊かな海の幸も堪能できますよ。

    ■基本情報
    ・料金:一人 ¥16,200円(税込)/2日間

    ▼公式ホームページ
    アクアビレッジ

    【グーグルマップはこちら】

    ●レンビレッジ(静岡県:東海エリア)




    船でしか行くことのできない、一日一組限定の超グラマラスなプライベートキャンプ場がレンビレッジです。二人のとっておきの思い出を作るのにも最適ですね。

    ■基本情報
    ・料金:一人 ¥16,200円(税込)/2日間

    ▼公式ホームページ
    レンビレッジ

    【グーグルマップはこちら】

    ●不動の滝自然広場(静岡県:東海エリア)


    175294283_624.jpg

    清流美しい不動の滝に隣接する高級オートキャンプ場です。マイナスイオンたっぷりの森の中で、ラグジュアリーな休日が過ごせます。
    ■基本情報
    ・住所:〒428-0304 静岡県榛原郡川根本町下泉 1122
    ・電話:0547-56-1600(9:00~18:00)
    ・料金:入場料+24,000円

    ▼公式ホームページ
    不動の滝自然広場

    【グーグルマップはこちら】

    ●グランパスinn白浜(和歌山県:関西エリア)




    豪華なトレーラーハウスでの宿泊とバーベキューが楽しめる施設です。食材の持ち込みもOKなのが嬉しいグランピングサイトです。高台からは太平洋のロマンチックな絶景が眺められ、カップルにも大人気です。

    ■基本情報
    ・住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2953-3
    ・電話番号:0739-42-2102

    ▼公式ホームページ

    グランパスinn白浜

    【グーグルマップはこちら】

    ●RESORT MAGIC ASHIYA(兵庫県:関西エリア)




    兵庫県のハイソサエティータウン・芦屋に近日オープン予定のグランピング施設です。およそ5,500坪もの広大な敷地に、「ラグジュアリーリゾート」「キッズアスレチック」「アウトドアリビング」の3つエリアが建設予定です。詳細が判明次第更新します。

    ■基本情報
    ・住所:準備中
    ・電話:準備中
    ・料金:準備中

    ▼公式ホームページ

    RESORT MAGIC ASHIYA

    ●FBI DAISEN(鳥取県:中国四国エリア)




    テントサイトの床には高級絨毯が敷かれ、その空間にはノスタルジックなアンティークソファーと快適なエアーベットが完備されたワンランク上のグランピング施設です。バーも併設されているのでラグジュアリーにアウトドアライフを楽しめます。

    ■基本情報
    ・住所:〒689-4101 鳥取県西伯郡伯耆町小林706
    ・電話:0859-57-3428(10:00~20:00)
    ・料金:14,000円~23,000円

    ▼公式ホームページ
    FBI DAISEN

    【グーグルマップはこちら】

    ●この記事を読んだ方へのおすすめ


    ▼便利な宿探しはこちら

    【こだわりの旅館ホテルさがし】満足度五つ星、源泉かけ流し、大自然のシチュエーションなどお得なプランが盛りだくさん

    ▼国内のおすすめ宿泊プランはこちら

    下記のリンク集は、楽天トラベルの宿泊プランのなかから「癒しの旅行」に着目して厳選したプランです。是非ご活用ください。













    ▼グランピング・キャンプ・旅行のご用命は楽天トラベルで簡単



    続いては、グランピングにぜひ持っていきたい、ワンランク上のアウトドアグッズをご紹介します。男性も女性も子供も楽しめるものを集めました。

    ■グランピングにおすすめのグッズ


    ●ワンランク上のラグジュアリータイムを演出するアイテム


    グランピングはゴージャスなリゾート宿泊が手ぶらで楽しめるのが最大の魅力ですが、それでも念のために持って行きたいものや、ワンランク上のラグジュアリータイムを演出してくれるアイテム・グッズを厳選してご紹介します。

    universe-1044106_960_720.jpg

    満天の星空を肉眼で見るのも美しいですが、せっかく空の美しい場所に行ったのなら、天体望遠鏡でワンランク上の星の楽しみ方を満喫したいですね。筆者は教育学部の理科専攻でしたので、実際にさまざまな天体望遠鏡を扱った経験がありますが、ショッピングセンターなどで扱われている安価なものは、ほぼ使い物にならないと言えます。最低でも、下記のような専門メーカの入門機をおすすめします。なお、天体望遠鏡についてさらに詳しく知りたい方は、関連記事もご参照ください。

    ビクセン 天体望遠鏡 スペースアイ600

    ▼関連記事

    【天体望遠鏡の選び方】初心者におすすめの種類・メーカーと経緯台と赤道儀の違い



    最近話題となっているのがハンディー顕微鏡です。野外の花や虫を拡大して観察できるだけでなく、スマホと接続して静止画や動画を記録することもできます。夏休みの自由研究に親子で取り組むのにもぴったりですね。

    レイメイ|ハンディ顕微鏡ZOOM 倍率60~120倍

    ▼関連記事

    【ハンディ顕微鏡TOP5】親子で科学観察を楽しもう

    path-1209171_960_720.jpg

    いくら設備が完備されていると言っても、一歩外に踏み出せば、そこは大自然です。ソーラー&手回し充電の懐中電灯+ラジオにスマホ充電機能もついた優れものがこちらのマルチパワーステーション2です。けっこう男心をくすぐるデザインで、モノとしてもカッコいいですね。

    STERLING CLUB|マルチパワーステーション2

    ▼関連記事

    【便利な旅行グッズ】通販で買えるおすすめアイデア商品

    beetles-88455_960_720.jpg

    カブトムシやクワガタ採りはキッズのいるヤングファミリーには大イベントです。こちらのようなツインタイプのケースならカブト・クワガタを喧嘩させずに持ち帰れますよ。また、生物学学芸員として、仕事で昆虫飼育もしている経験から、かぶと・クワガタの飼育方法を徹底的に詳しく解説した記事もリンクしておきますので、ぜひ、ご一読ください。

    虫とりこぞうツイン SD-25Tブルー|アイリスオーヤマ

    ▼関連記事

    【カブトムシ飼育方法完全版】国産幼虫の越冬から外国産大型種まで徹底紹介

    【クワガタ飼育方法完全版】成虫の越冬方法や幼虫の菌糸ビン飼育まで完全紹介

    【休日の過ごし方・遊び方】後悔しない3つの方法とおすすめの10の行動をご紹介

    girl-571808_960_720.jpg

    せっかくの休日、何をするかも決まらないままダラダラと過ごし、気がつくと夕方…けっこう後悔して落ち込みますよね。そうならないための3つの方法と、何をするか迷った時におすすめの10の行動をご紹介します。ぜひ、素敵な休日を過ごしてください。

    ■休日を無駄に過ごさない3つの方法


    ●これをするだけで一日が長く使える


    adult-18792_960_720.jpg

    休日に何をして過ごすか?それを決めるためには、まずは時間に余裕を持って一日をスタートしましょう。そのための3つの方法をご紹介します。

    ①休前日は早く寝る


    bed-945881_960_720_201610070924551c9.jpg

    休みの前の日だからといって、夜更かしをしたり深酒をしていませんか?

    そんな休前日の過ごし方をすると、おきたら昼過ぎ…なんていうことにもなりかねません。昼過ぎに起きてしまったら、その日にできることの選択肢は大きく減ってしまいます。休日をたっぷり楽しみたいのなら、休前日は早く寝るようにしたいですね。

    ▼関連記事

    【快眠グッズ】男性女性別におすすめ品紹介|彼氏彼女へのプレゼントにも最適

    ②朝ごはんを食べよう


    blackberry-1652426_960_720.jpg

    休日を楽しくスタートするためには、早起きをしてしっかりと朝ごはんを食べましょう。血糖値が上がらないままだと、身体も心も活力が出ず、前向きで楽しい計画も浮かんできませんよ。

    ▼関連記事

    【おすすめシリアル】ダイエットの朝食に最適な種類とトッピング

    ③とにかく着替える


    clothing-964880_960_720.jpg

    休日の朝は、いつまでもパジャマや家着でいるのはやめ、いつでも家を飛び出せる格好に着替えましょう。たとえやることが決まってなくても、それだけで行動しようという気持ちになります。

    休日におすすめの7つのお出かけ


    ①カメラを持って散歩に出かけよう


    girl-548946_960_720.jpg

    とりあえず、やることに困ったら、カメラでも持って朝の散歩に出かけましょう。外の世界は情報に溢れています。何か必ず興味を引かれる被写体に出会えるはずで。そこから、イメージを膨らませ、その日一日の過ごし方を決めるのも有効な手段ですよ。

    ②映画を観に行こう


    bollywood-1687410_960_720.jpg

    何もすることが思い浮かばなかったら、映画を観に行くというのはどうですか?

    映画館で観る映画は、レンタルDVDなどとは違い、壮大で迫力満点です。日常とかけ離れた感覚を覚えられるのも楽しいのではないでしょうか?

    ▼関連サイト

    日本全国の映画館|Movie Walker

    ③水族館に出かけよう


    aquarium-725798_960_720.jpg

    映画館と並び、非日常を味わえるのが水族館です。愛らしい海の生き物たちが織りなす、ストーリーのない物語が堪能できますよ。

    ▼関連記事

    【日本全国の水族館】公式ホームページとグーグルマップ完全紹介

    ④ドライブをする


    blue-car-1209666_960_720.jpg

    とりあえず、行くなしにドライブに出かけるのも良いかもしれませんね。走っているうちに行きたい場所が思い浮かぶかもしれません。そうでなくても、日常とは違う美しい景色を見るだけでも有意義な休日と言えるでしょう。

    ⑤電車で日帰り旅行


    railway-1491714_960_720.jpg

    電車で日帰り旅行をするというのも楽しい休日の過ごし方です。できれば、ローカル線などがいいですね。駅弁を食べながらちょっと一杯…とか、大人の休日ですよ。

    ▼癒しの一泊旅行なら

    【こだわりの旅館ホテルさがし】満足度五つ星、源泉かけ流し、大自然のシチュエーションなどお得なプランが盛りだくさん

    ⑥グランピングに出かける


    night-839807_960_720.jpg

    思い切って泊りがけでアウトドアを楽しむというのはどうでしょう?最近は「グランピング」と言って、手ぶらで出かけられるキャンプ場も全国各地に増えてきているんですよ。

    ▼全国のグランピング場

    【グランピング場】日本の人気施設を関東・東海・関西から紹介(宿泊予約・連絡先)

    ⑦公園で遊ぶ


    atkins-art-museum-1619504_960_720.jpg

    家族やカップルで公園に出かけるというのも、お金のかからない楽しい休日の過ごし方です。バトミントンやフリスビーで身体を動かすのも気持ちがいいでしょう。

    ▼関連記事

    【スポーツコンボ6点セット】家族やカップルで外で遊ぼう|ディスク・ラケット・バドミントン



    出かけるのをあきらめたらこの3つ


    ⑧家の掃除をする


    cleaning-381090_960_720.jpg

    いろいろ考えたけれど、いいお出かけ先が思い浮かばない…そんな時は、気分転換に家の掃除をしてみてはいかがですか?お部屋も綺麗になるし、軽い運動にもなるし、ある意味、一石二鳥ですよ。

    ▼関連記事

    【吸うイング】近未来の掃除機ヘッド?!その実力とは

    ⑨ゲーム三昧で過ごす


    gaming-1557358_960_720.jpg

    もう、何もやることが思い浮かばない。そんな時は、誰に何と言われようと、頭を空っぽにしてゲーム三昧で引きこもるのも一つの手です。休日ならではの、クリアに時間のかかるゲームをチョイスしましょう。

    ▼関連記事

    【PS3ロボアクションゲーム】メカ好きにおすすめのPS3ソフト大紹介!

    ⑩こだわりの料理を作る


    soup-1006694_960_720.jpg

    インドアで過ごすのなら、こだわりの料理に挑戦するのも楽しい休日の過ごし方です。

    ▼関連記事

    【フィリップスヌードルメーカー】家庭で気軽にオリジナル麺作り|低糖質ヌードルが人気!

    【焼き芋の美味しい作り方】レンジ・オーブン・トースターそれぞれの方法

    【秋刀魚】サンマの旬と焼き方・食べ方やカロリー・寄生虫まで全紹介

    おわりに


    休日の過ごし方10選、いかがだったでしょうか?読者の皆様が素敵な休日を過ごされるきっかけになれれば幸いです。

    【竹生島クルーズ】最強パワースポット宝厳寺&竹生島神社の見どころ|所要時間やフェリーの時刻表も

    1024px-Chikubu_island01s3200.jpg

    国内でも最強のパワースポットの一つとして知られる琵琶湖に浮かぶ神々の島・竹生島の見どころ(宝厳寺&竹生島神社)を実際に訪れましたので、具体的にご紹介します。あわせて、長浜港・琵琶湖汽船へのアクセスやフェリーの時刻表・運賃料金・クルーズ所要時間などもご紹介します。

    ■竹生島とは?


    ●古来より信仰の対象で神の棲む島と呼ばれる


    Chikubu_shima.jpg

    竹生島は、国内最大の湖としてあまりにも有名な琵琶湖の浮かぶ島で、琵琶湖国定公園特別保護地区、国の名勝・史跡に指定されています。琵琶湖には大きな順に沖島・竹生島・多景島・沖の白石の四つの島があり、竹生島は二番目に大きな島となります。

    竹生島は、古来より信仰の対象となった島で「神々の棲む島」とも呼ばれ、国内でも最強のパワースポットの一つと言われています。島内には、西国三十三所三十番の宝厳寺と竹生島神社(都久夫須麻神社)があり、このほかにもお土産店などがあります。

    なお、お寺・神社・お土産店で働く人々は島外から通っており、夜間は無人島になります。

    ■竹生島クルーズへのアクセス


    ●長浜港からの出航がおすすめ


    20170911052052250.jpg
    【グーグルマップはこちら】

    竹生島クルーズは、琵琶湖東岸の長浜港、西岸の今津港から出航していますが、JR長浜駅や名神高速長浜インターチェンジから近い長浜港から乗船するのがアクセス良好でおすすめです。なお、各交通機関別のアクセス方法は下記の通りです。

    ■電車の場合 JR北陸線「長浜駅」下車徒歩約10分
    JR「米原駅」下車タクシーで約15分

    ■車の場合
    北陸自動車道「長浜IC」より約15分

    20170911051105862.jpg

    こちらが、長浜港の外観です。無料駐車場が併設されており、無料待合室にはトイレ・自動販売機などが設置されています。

    20170911051126611.jpg

    竹生島クルーズのチケットは長浜港で購入でき、その時刻表と料金は下記の通りです。

    ●竹生島クルーズの時刻表と所要時間


    ■竹生島クルーズ長浜港時刻表

    長浜発|竹生着|竹生発|長浜着
    09:00|09:30|10:50|11:20
    10:15|10:45|12:05|12:35
    11:30|12:00|13:20|13:50
    12:45|13:15|14:35|15:05
    14:00|14:30|15:50|16:20

    ※GWとお盆期間には15:15発の臨時便あり

    ※島内滞在時間はいずれも約80分

    ●竹生島クルーズの料金


    ■竹生島クルーズ長浜発便料金表

    大人:3,070円
    学生:2,450円
    小人:1,540円

    琵琶湖汽船「竹生島クルーズ」公式ページ

    ●竹生島クルーズ船の概要


    20170911051149825.jpg

    竹生島にむかうクルーズ船はこちらのような船で、かなりの最新船となっています。

    20170911051215071.jpg

    船内はエアコン完備の二階建てになっており、いずれも自由席です。

    20170911051237897.jpg

    また、二階の後部は展望デッキになっており、自然の風を感じながらクルーズを楽しむことも可能です。

    20170911051259817.jpg

    クルーズを楽しむこと約20分、いよいよ神々の棲む島・竹生島が見えてきました。

    ■竹生島の見どころ紹介


    ●宝厳寺&竹生島神社には国宝・重要文化財も多数


    20170911052036527.jpg

    竹生島には西国三十三所三十番・宝厳寺と竹生島神社があり、それぞれに国宝や重要文化財に指定されている史跡も数多くあります。

    ●竹生島のランチ・お土産


    20170911051338450.jpg

    20170911051357592.jpg

    竹生港すぐの場所には二つのお土産店(たつや・野坂)があり、この地域の特産品のほかジュースやアイスクリームなども販売されています。また、うどんや日替わり定食などの食事も提供されています。

    20170911051415854.jpg

    なお、この地域独特の特産品としては、フナの発酵食品である「熟れ寿司」と色合いが珍しい「赤コンニャク」があります。詳しくは下記のリンク先をご参照ください。

    びわ湖産|天然子持ち鮒寿司

    老舗の味|近江名物「赤こんにゃく」

    ●竹生島の参拝料金


    20170911051435764.jpg

    島内の二箇所のスポット・宝厳寺&竹生島神社を訪れるためには、島の入り口で参拝券を購入する必要があり、大人400円・小人300円となっています。

    ●竹生島の国宝・重要文化財など


    20170911051458533.jpg

    参拝券を購入したら、いよいよパワースポットを訪れていきます。なお、かなり急で長い石階段を上っていきますので、竹生島を訪れる際はくれぐれも歩きやすい靴で訪れることをおすすめします。

    20170911051522393.jpg

    長い石階段を上りきると、宝厳寺本殿前の手水所があります。お参りの前には必ず身を清めましょう。なお、正しい作法は以下の手順です。

    ①杓を右手に持ち左手を洗う
    ②杓を左手に持ち替え右手を洗う
    ③再び右手に杓を持ち左手で受けて口をすすぐ
    ④左手を再び洗う
    ⑤杓の柄を洗い元に戻す

    20170911051548897.jpg

    手水所のすぐ脇には、重要文化財である石造五重塔があります。

    20170911051607609.jpg

    こちらが宝厳寺本殿の外観です。

    20170911051625816.jpg

    同寺では、願を込めたダルマを奉納することでご利益が得られるとされる独特の参拝方法がありますので、最強パワースポットのご利益に授かりたい方は是非利用しましょう(500円)。

    宝厳寺には、大きく四箇所の見所があり、それは次の通りになります。

    800px-Hogonji00bs3872.jpg

    こちらは、桃山時代に建立された唐門で、国宝に指定されています。

    20170911051644441.jpg

    長らく焼失されていましたが、2000年に再建されたのが三重塔です。

    20170911051729178.jpg

    宝物殿では宝厳寺秘蔵の宝物を鑑賞することができます(別途300円必要)。

    20170911051747009.jpg

    1603年、豊臣秀頼の命を受け、後見役の片桐且元がお手植えしたとされる「もちの木」で、樹齢400年以上です。

    20170911051854133.jpg

    宝厳寺に続く竹生神社へは回廊でつながっており、「舟回廊」として国宝に指定されています。豊臣秀吉が建造した軍艦である日本丸の建材が再利用されているとのことです。

    20170911051913399.jpg

    舟回廊の先にある竹生神社の本殿がこちらです。この建物も国宝に指定されています。

    20170911051931016.jpg

    本殿横の湖に面した崖の上には「かわらけ投げ」と呼ばれる本神社独特のお参りスポットがあります。

    20170911051958083.jpg

    願い事を書いた小さなお皿を投げ、見事に鳥居の下をくぐったらご利益があるとされています(かわらけ2個300円)。

    是非、チャレンジしてみてください。

    ▼旅行チケット・宿泊・レンタカーなら



    【朝熊山|伊勢志摩スカイラインと金剛證寺】展望台・足湯・食事・アクセス・料金とパワースポット&恋人のポスト紹介

    20170828071246374.jpg

    朝熊山を通り伊勢市と鳥羽市を結ぶ有料道路・伊勢志摩スカイラインと、同ラインを利用して訪れることのできるパワースポット・金剛證寺をご紹介します。また、伊勢志摩スカイラインの見どころ(展望所・食事・お土産)のほか、恋人の聖地に指定されている有名なポストやアクセス・料金についてもご紹介していきます。

    ■朝熊山の概要


    ●志摩半島の最高峰で日本百景にも指定されている名所


    800px-Asama-yama(Mie)_02.jpg

    朝熊山(あさまやま)は、志摩半島の最高峰と知られる標高555mの三重県伊勢市~鳥羽市にある山です。伊勢志摩国立公園の中央に位置しており、日本百景にも選定されている伊勢志摩観光の名所の一つとして知られています。

    800px-Sunrise_of_Asama-yama_02.jpg

    伊勢志摩地方の最高峰である朝熊山は、古代から山岳信仰の対象となっており、825年には空海が南峯東腹に金剛證寺を建立しました。また、同寺は伊勢神宮の鬼門にあたる北東に位置しており、いつしか伊勢信仰の一部として「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ、朝熊駆けねば片参り」と言われるようになりました。

    ●朝熊山の七草とは


    20170828071354285.jpg

    三重県の植物誌著者である伊藤武夫氏により1932年に朝熊山七草が提唱されました。朝熊山にちなんで命名された植物をはじめ、同山に特徴的な植物が挙げられており、それは以下の通りです。

    ①アサマギク


    ②ティショウソウ


    ③スズコウジュ


    ④アサマリンドウ


    ⑤ミスミソウ


    ⑥チャボホトトギス


    写真:いせ人の山岳誌

    ⑦トリガタハンショウヅル
    1280px-Clematis_tosaensis_s4.jpg

    ■伊勢志摩スカイラインの見どころ紹介


    ●展望所・食堂・売店・恋人の聖地(ポスト)


    20170828071315692.jpg

    今回は、伊勢市側から伊勢志摩スカイラインを利用しました。朝熊山山頂に至る途中に、「一宇田展望所」と呼ばれる駐車場と小さな展望所があります。伊勢市を一望できる場所で、なかなかの風景ですが、山頂展望所のほうがさらに見晴らしは優れています。

    ただ、伊勢市の建物などを観察するには、こちらのほうが平野に近いので探しやすいでしょう。

    20170828072322395.jpg

    一宇田展望所を後にして、さらに傾斜の強いスカイラインを登っていくと、数キロで山頂展望台に到着します。伊勢市側からだと進行方向左手、飛ばし側からだと進行方向右手になります。

    20170828072347370.jpg

    展望台には食堂・お土産屋などが併設されており、利用料金は無料、駐車場も無料です。

    20170828072411256.jpg

    建物の屋上が展望台になっており、そこからは、伊勢市・鳥羽市だけでなく伊勢志摩地方全域が360度のパノラマで眺望できます。

    20170828072429898.jpg

    伊勢湾・鳥羽湾に浮かぶ神島・菅島・答志島・イルカ島・浮島などの遥かむこうには、知多半島や渥美半島まで見渡すことができる大絶景です。

    20170828072618907.jpg

    また、展望台の先端には足湯が併設されており、壮大なパノラマを長めながら、ゆったりと足湯を楽しむこともでき、おすすめです。

    20170828072643394.jpg

    このような感じで、とても綺麗なお湯でした。

    20170828072527364.jpg

    展望台のならびに位置する芝生広場には、恋人の聖地にも指定されている「ポスト」があります。こちらのポストは、実際に稼動しており、毎日、伊勢郵便局が集配に訪れています。

    20170828073011623.jpg

    なお、売店では絵葉書も売られており、ここから友人・知人に手紙を送ることもできます。

    20170828072706628.jpg

    展望台の下には食堂「朝熊茶屋」があり、食事・軽食・ドリンク・スイーツなどが提供されています。

    20170828072754950.jpg

    20170828072732295.jpg

    メニューは、志摩うどん、志摩そうめん・伊勢うどん・とろろ伊勢うどん・焼き伊勢うどん・冷やし伊勢うどん・チャーハン・あおさ汁などのお食事メニュー、松阪牛コロッケ・伊勢えびクリームコロッケ・からあげ・ジャンボフランク・フライドポテトなどの軽食メニューのほか、ソフトクリームやかき氷などのスイーツメニューや各種ドリンクが提供されています。

    ▼伊勢のご当地グルメ

    ふっくらもちもち伊勢うどん(ロングライフタイプ麺)

    20170828072821141.jpg

    今回は、同茶屋の名物でもある「朝熊氷」をいただきました。カップの底にキャラメルコーン、その上にソフトクリーム、さらにその上のかき氷にはストロベリー・メロン・ソーダの三色のシロップがかけられています。

    20170828072842068.jpg

    食堂の隣は売店になっており、伊勢志摩地域の特産品を中心にお土産物が販売されています。

    20170828072904529.jpg

    なかでも、伊勢志摩地方の名産品である「はまぐりふっくら煮」や「ほたての浜煮」や「真珠漬け」などは定番です。

    ▼伊勢志摩名産品

    真珠漬本舗 真珠漬

    真珠漬本舗 ほたての浜煮

    真珠漬本舗 はまぐりのふっくら煮

    20170828072923419.jpg

    また、養殖真珠発祥の地ならではの、真珠関係の販売も行われていました。

    ▼伊勢志摩地方の真珠なら







    20170828072942653.jpg

    なお、伊勢志摩スカイラインの料金所でもらえる「福引き」はこちらの売店カウンターにてチャレンジできます。

    ■パワースポット金剛證寺の見どころ紹介


    20170828071414100.jpg

    朝熊山山頂展望台のすぐ近くには、伊勢神宮を守るパワースポットとして名高い金剛證寺があります。無料駐車場が併設されていますので便利です。

    20170828071654684.jpg

    境内に入ってすぐの場所には、小さな茶屋があり、抹茶・ぜんざい・コーヒー・みそ田楽などをいただくことができます。

    20170828071713480.jpg

    その隣には金剛證寺売店があり、お守りや御朱印帳などが販売されています。

    20170828071741993.jpg

    売店と茶屋の向かい側には「連間の池」と名づけられた池があり、そこには朱色の美しい橋が架かっていますが、通行することはできません。

    20170828071811545.jpg

    池には睡蓮がびっしりと自生しており、可愛らしいピンクの花をつけていました。

    20170828071838786.jpg

    本殿に至る石階段の手前には、お地蔵様が祭られた場所があり、ここでは石筒を持ち上げ、その後、呪文を唱えながら石筒を左に三度回し、再び石筒を持ち上げたときに、初めより軽く感じたら願が叶うというお社があります。

    20170828071926033.jpg

    本殿前の石階段横には手水所があります。お参りの前には必ず身を清めましょう。なお、正しい作法は以下の手順です。

    ①杓を右手に持ち左手を洗う

    ②杓を左手に持ち替え右手を洗う

    ③再び右手に杓を持ち左手で受けて口をすすぐ

    ④左手を再び洗う

    ⑤杓の柄を洗い元に戻す

    20170828071629475.jpg

    いよいよ、石階段を上り、仁王門をくぐって本殿に向かいます。

    20170828072104613.jpg

    仁王門をくぐった先には線香がたかれていますので、ここで心も清めましょう。

    20170828072129742.jpg

    その横には、触れると意志が強固になるという牛の銅像がありますので、ぜひ触れておきましょう。

    20170828072151108.jpg

    また、触れると賢くなるという虎の銅像もあります。

    20170828072251905.jpg

    本殿のお参りは、建物のなかは撮影禁止となっており、写真はここまでです。しっかりとお参りをしてください。

    20170828072044307.jpg

    帰りの参道は杉林のなかを抜けていきますが、緑の絨毯のように茂るコケ類がとても見事でした。

    ■伊勢志摩スカイラインのアクセス・料金・営業時間


    ●伊勢志摩スカイラインのアクセス




    【グーグルマップはこちら】

    伊勢自動車道「伊勢西IC」から内宮方面へ約5分

    ●伊勢志摩スカイラインの料金


    ・自動二輪車(125cc以下は通行不可)880円
    ・軽・普通自動車1,250円
    ・マイクロバス3,150円
    ・大型貸し切りバス5,000円

    【インターネット割引はこちら】

    ※リンク先に公式割引画面が表示されます。

    ●伊勢志摩スカイラインの営業時間


    ・9月~4月 7:00~19:00
    ・5月~8月 6:00~20:00
    ・6月27日・28日(金剛證寺開山忌) 5:00~20:00
    ・伊勢神宮奉納全国花火大会開催日 6:00~22:00
    ・鳥羽みなとまつり花火大会開催日 6:00~22:00
    ・12月31日 7:00~1月1日 19:00(終夜営業)
    ・1月2日~1月15日 6:00~19:00

    ※年中無休

    ●伊勢志摩スカイラインの施設基本情報


    住所:伊勢市~朝熊山上~鳥羽市

    電話:0596-22-1810

    公式ホームページ:伊勢志摩スカイライン

    【ひろめ市場おすすめガイド完全版】鰹のたたきなど全店舗グルメ紹介|周辺スポットも



    ひろめ市場は、南国土佐・高知市の有名グルメ・観光スポットで、鰹のたたきをはじめとして数々の郷土料理や趣向を凝らした飲食店が軒を連ねています。

    このガイドは、高知市で生まれ育った筆者が公式よりも凄い完全ガイドを目指して執筆しました。全店舗紹介はもちろん、おすすめランチからアクセス・営業時間情報までガッツリお届けします。

    ■目次


    ■ひろめ市場の概要・沿革
    ■ひろめ市場三大名所
    ■ひろめ市場エリア紹介
    ■龍馬通り
    ■お城下広場
    ■いごっそう横丁
    ■乙女小路
    ■自由広場
    ■はいから横丁
    ■ひろめばる
    ■ぎっちり日曜市
    ■ひろめ市場のおすすめランチ
    ■ひろめ市場周辺隠れスポット
    ■ひろめ市場基本情報
    ■通販で買えるひろめ市場グルメ

    ■ひろめ市場の概要・沿革




    ひろめ市場は、高知県高知市帯屋町2丁目に所在する集合型の屋台村で、約60もの店舗がひしめき合う東南アジアテイストな雰囲気が人気を博し、高知市観光の名所として一躍有名になりましまた。

    ひろめ市場のオープンは、1998年10月18日で、かつてこの場所に土佐藩・家老の深尾弘人蕃顕(ひろめしげあき)の屋敷(通称:ひろめ屋敷)が所在していたことに由来しています。

    また、この「ひろめ」の名称は、語呂をあわせて同施設の基本コンセプトとなっていますが、それは以下の通りです。

    ・高知の衣食住文化を「ひろめる」

    ・高知の人情を「ひろめる」

    ・高知の基礎知識を「ひろめる」

    目次にもどる

    ■ひろめ市場の三大名所


    はじめに、ひろめ市場を訪れたなら、絶対に見逃しては(食べ逃しては)いけない三大名所(名物)をご紹介します。

    ●鰹の藁焼きたたき(実演)




    まずは、こちらの明神丸の藁焼きたたきの実演です。豪快な藁の炎で焼き上がった鰹のたたきは、藁独特の風味で燻煙され、他地方の鰹のたたきとは全く別の食べ物です。

    実演を見たら、必ずいただくことをおすすめします。

    ▼ひろめ市場人気No.1鰹のたたき

    藁焼き鰹たたき(中)750gセット

    ●芋ケンピタワー




    次に、見逃してはいけないひろめ市場名所が、こちらの芋ケンピタワーです。

    たまたま偶然ですが、取材時にちょうど芋ケンピタワーを作っているところでしたが、お店の方に聞けば、「年に三回しか作り替えないうちの一回」とのことで、かなりラッキーでした。

    ちなみに、こちらの芋ケンピタワーですが、芯まで全て芋ケンピだけでできています(この目で確認)。

    ●土佐のアイスクリン




    ひろめ市場の出入口付近にこぢんまりとコーナーがあるので、かなりの確率で見逃してしまうのが、こちらの土佐のアイスクリンコーナーです。

    玉子とミルクでできた、シャーベットテイストなアイスクリンは、高知県民なら知らない人はいない、超ご当地スイーツです。かならず食べてください。

    ●ひろめ市場の魅力は食い倒れ




    それでは、いよいよここから「ひろめ市場全店舗完全紹介」に入りますが、ひろめ市場最大の魅力は、好きなお店で好きなものを好きなだけ買って食べる「屋台村形式」です。

    施設のいたるところには、こちらのような飲食テーブルがずらりと並んでいます。ぜひ、食い倒れてください。

    目次にもどる

    ■ひろめ市場エリア紹介




    なお、ひろめ市場は以下の8つのエリアにわかれていますので、エリアごとに各店舗をご紹介していきます。

    ・龍馬通り
    ・お城下広場
    ・いごっそう横丁
    ・乙女小路
    ・自由広場
    ・はいから横丁
    ・ひろめばる
    ・ぎっちり日曜市

    目次にもどる

    ■龍馬通り




    ●土佐黒潮水産




    産地直送の新鮮な魚介類が販売されており、買い食いができるように、パックになった刺身や寿司も準備されています。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・鰹のたたき
    ・マグロ寿司
    ・ウツボのたたき

    ●吉岡精肉店




    土佐和牛の串焼きをはじめとした、各種肉類の立ち食いが楽しめます。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・和牛串焼き
    ・豚カツ
    ・唐揚げ

    ●王子水産




    マグロ専門店で、刺身や寿司もパック販売されています。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・マグロ刺身
    ・マグロ丼

    ●手づくり芋ケンピ黒潮物産




    土佐銘菓・芋ケンピの名店です。こちらの芋ケンピタワーは必見ですよ。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・芋ケンピ

    ●揚げたて天ぷら土佐魚菜市場




    土佐の名産品・天ぷらのお店です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・天ぷら



    ちなみに、高知で「天ぷら」と言えば「揚げた練りもの」のことです。おすすめの一品ですよ。

    ●仕出しのあんどう




    お弁当類が販売されています。土佐の郷土料理の「田舎寿司」や「サバの姿寿司」はこちらで購入可能です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・田舎寿司
    ・サバの姿寿司
    ・土佐巻き

    目次にもどる

    ■お城下広場




    ●本池澤




    お弁当類やパックの寿司類が販売されています。こちらでも、田舎寿司やサバの姿寿司が購入可能です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・土佐巻き
    ・田舎寿司
    ・サバの姿寿司

    ●鰹処ぼっちり




    鰹の専門店です。たたき以外の食べ方で鰹を楽しみたい方はこちらがおすすめです。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・鰹めし茶漬け
    ・鰹のカツ
    ・ウツボの唐揚げ

    ●しもだ屋




    大衆居酒屋で、土佐料理のほかシーフードクリームコロッケなどが楽しめます。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・シーフードクリームコロッケ

    ●くうてや




    焼き鳥、焼きそば、牛串、手羽先など、ガッツリ系お酒のつまみはこちらでどうぞ。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・焼き鳥
    ・手羽先
    ・牛串

    ●土佐の居酒屋土佐凧




    ドロメ、ウツボ料理など四万十地方のご当地料理がいただけます。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・ドロメ
    ・ウツボのたたき
    ・ウツボの唐揚げ

    ●長江苑




    中国特級調理師がふるまう本格中華料理は絶品です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・担々麺
    ・八宝菜
    ・高菜炒飯

    ●森光水産




    鯛の専門店で、なかでも鯛めしは高い人気を誇っています。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・鯛めし
    ・鯛のたたき
    ・鯛にゅうめん

    ●明神丸




    ひろめ市場の象徴的存在がこちらの明神丸です。豪快な藁焼きたたきの実演は必見ですよ。また、お昼と夜のピーク時には、かなりの行列ができますので、少し時間をずらすのがおすすめです。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・藁焼き鰹たたき

    ●インド家庭料理ゴータマ




    本場インド人シェフが作る超本格派インド料理は、激辛激ウマですよ。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・チキンカレー&ナン
    ・タンドリーチキン
    ・シシカバブ

    ●土佐蔵社中




    特製手羽先・一品料理をつまみに土佐の地酒の飲み比べが楽しめます。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・特製手羽先
    ・土佐の地酒

    ●どんぶりの十三




    マグロ丼が絶品ですが、他の海鮮丼も見逃せません。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・ネギトロ丼
    ・マグロステーキ

    ●悠楽




    さっぱりとうどんですませたい方は、こちらのお店がおすすめです。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・うどん各種

    ●くじら専門店千松




    くじら専門店で、竜田揚げをはじめとして、ベーコン、かば焼きなども人気です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・クジラの竜田揚げ
    ・クジラのベーコン
    ・クジラのかば焼き

    ●甘味処ほてい茶屋




    和風スイーツでしめたい方は、こちらのお店がおすすめです。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・冷やし白玉ぜんざい

    ●珍味堂




    うどんや寿司、土佐の家庭料理のほかミレーのビスケットコーナーも充実しています。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・ブリの卵
    ・マグロの目玉
    ・鰹の角煮

    ●珍味堂ミレーのビスケットコーナー




    高知発祥の全国区のブランド・ミレーのビスケットの各種バリエーションがずらりと並んでいます。

    目次にもどる

    ■いごっそう横丁




    ●四季彩華旬太郎




    日替わり弁当やエビ・カニ料理が人気です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・日替わり弁当

    ●士林(スーリン)




    オリジナル中華料理が楽しめます。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・担々麺
    ・チャンポン麺

    ●手羽先から揚げひろめ揚げ




    おつまみに相性抜群の手羽先はこちらでどうぞ。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・手羽先から揚げ

    ●食・酒処みづき




    四万十川産テナガエビ料理が楽しめる居酒屋です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・テナガエビ料理

    目次にもどる

    ■乙女小路




    ●ちびから本舗




    カリカリの揚げたてアツアツ唐揚げが人気です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・から揚げ

    ●えーとこどり




    土佐名産の地鶏・土佐ジロー、はちきん地鶏、四万十鶏の専門店です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・土佐ジロー料理
    ・はちきん地鶏料理
    ・四万十川地鶏料理

    ●龍馬茶屋




    土佐の名士・坂本龍馬にちなんだ様々の料理が楽しめます。

    ●高知名産おみやげ屋




    高知の土産品がずらりと揃えられています。

    ●手羽先あげや




    お酒のおつまみに最適な手羽先やチューリップの唐揚げはこちらでどうぞ。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・手羽先から揚げ
    ・チューリップから揚げ

    目次にもどる

    ■自由広場


    ●味太郎




    手作りチャーハンや肉巻きおにぎりのほか、有名B級グルメのニラ焼きそばがおすすめです。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・手づくりチャーハン
    ・肉巻きおにぎり
    ・ニラ焼きそば

    ●居酒屋吉照




    季節の魚料理、各種鉄板焼きなどが楽しめる居酒屋です。

    ◆主なおすすめグルメ
    ・季節の魚介料理
    ・鉄板焼き

    ●魚問屋助八




    高知の家庭料理が楽しめる居酒屋です。

    ●K′s Cafe




    50種類をこえるパスタ&エスニック料理が楽しめます。

    ●はっ鳥くん




    四万十地方のしぼりたて生ミルクをふんだんに使ったアイスクリームが絶品です。

    ●Cafe&DiningBar BULL




    ダーツが楽しめるカフェバーです。

    ●ららら




    心のこもった手作りカレーのお店です。

    ●ねぎ蛸こすも




    たこ焼きと韓国料理が同時に楽しめます。

    ●やいろ亭




    タタキ定食が人気の家庭的なお店です。

    ●はちきん食堂




    家庭的な手作り餃子が人気のお店です。はちきん地鶏のスープも絶品ですよ。

    ●famille




    ビール・カクテル・ワインなど各種アルコール類が豊富です。

    ●気らくや




    ひろめ市場で唯一のファッションショップです。

    ●ひろめで安兵衛




    高知名物・B級グルメの屋台餃子のお店です。

    ●リラクゼーションE.T




    旅の疲れやむくみを揉みほぐしで癒してくれます。

    目次にもどる

    ■はいから横丁


    ●スイーツ食堂マンテンノホシ




    バリエーション豊かなクレープを四万十川産のお茶で楽しめるカフェです。

    ●コミベーカリー




    窯だしチーズケーキが大人気のスイーツショップです。

    ●軍鶏伝(しゃもでん)




    坂本龍馬がこよなく愛した軍鶏料理がさまざまなバリエーションで楽しめます。

    目次にもどる

    ■ひろめばる


    ●豚バルデュロック




    豚カツショップ・テキニカツから店名変更で、地産の豚肉が楽しめるお店です。

    ●イモバル土佐山男爵




    趣向を凝らした各種のジャガイモ料理が自慢のお店です。

    ●バルメシ




    洋風お惣菜のお店です。「もう一品」におすすめです。

    ●ピザバル土佐の窯




    焼き窯で焼き上げた本格派のピザが堪能できるお店です。

    ●Le Marche(ル・マルシェ)




    お洒落な洋風スイーツのお店です。グルメの〆におすすめですよ。

    目次にもどる

    ■ぎっちり日曜市




    ●土佐の地酒市場西寅




    土佐の地酒がずらりと勢揃いしています。お土産にも喜ばれますよ。

    ●高知まるごと物産館




    南国土佐の名産品・お土産品がずらりと揃えられています。

    ●梵屋Shanti2




    アジアンフードとアジアン雑貨が同時に楽しめます。

    ●居酒屋ひろめ家




    なんと言っても地酒の豊富さがおすすめの居酒屋です。

    ●キッチンはな




    土佐のアットホームな食事が楽しめます。

    ●産直こうて屋in戸波




    高知は魚介類だけでなく、フルーツの宝庫でもあります。そんな色とりどりの南国果実が楽しめます。

    ●おみやげ屋2




    こちらも、さまざまな高知土産が取り揃えられています。

    ●HIROME STUDIO


    ~閉店~

    ●本番博多とんこつ神






    〆はラーメンにかぎる!という方は、こちらでお楽しみください。

    ●サンクチュアリー


    ~閉店~

    目次にもどる

    ■ひろめ市場のおすすめランチ


    ●鰹のたたき




    定番というか、鰹のたたきを食べないと、何をしにひろめ市場に来たのかわからない、というくらいのお決まりが「鰹のたたき」です。

    ●田舎寿司




    高知の名産品は海の幸だけではありません。山の幸を使った、一見質素な田舎寿司は、高知の隠れ名物です。なかでも、おすすめは「いたどりのお寿司」になります。

    ●土佐巻き




    鰹のたたきがふんだんに使われた土佐巻きを、鰹のたたきといただくと、あぁ高知だなと感じられます。

    ●サバの姿寿司




    言わずもがなの土佐郷土料理が、こちらのサバの姿寿司です。炙ってあるので、意外とあっさりしています。

    ●鯛めし




    あっさり志向の方におすすめなのが、こちらの隠れ高知名物の鯛めしです。

    ●マグロの目玉




    こちらも高知ならではの海の珍味です。目玉のまわりはコラーゲンたっぷりのトロトロで、最高ですよ。

    ●ウツボのたたき




    コラーゲンたっぷりと言えば、最近話題の珍味がウツボのたたきです。淡白な味で、プリプリとしたチキンといった感じです。

    ●クジラの料理




    クジラの竜田揚げもおすすめです。懐かしい味わいですよ。

    ●ブリの卵




    ブリの卵の煮付けは、土佐の家庭料理の代表格です。プチプチ食感がたまりません。

    以上、ひろめ市場のおすすめランチでした。

    ■ひろめ市場周辺隠れスポット




    ここからは、地元の人たちのみぞ知る、ひろめ市場周辺のおすすめグルメスポットをご紹介します。いずれも、ひろめ市場より100メートル以内のスポットです。

    ●喫茶メフィストフェレス




    喫茶店文化の盛んな高知市のなかでも、老舗中の老舗が、こちらのメフィストフェレスです。筆者の両親も大学生の頃に通っていたということなので、創業60年以上ということですね。

    ●明神丸帯屋町店




    ひろめ市場の一番人気スポットは明神丸の鰹のたたきコーナーですが、正直、かなり並ばないといけません。

    明神丸の鰹のたたきは食べたいけど、並ぶのはちょっと、という方には、ひろめ市場から帯屋町アーケードを50メートルほど入ったところにある、明神丸帯屋町店がおすすめです。

    ひろめ市場の屋台形式と違い、落ち着いた店内でゆっくりと鰹のたたきが楽しめます。

    ●唐揚げカリッジュ




    ひろめ市場から大橋通りを20メートルほど入ったところにある唐揚げ屋さんです。世界唐揚げグランプリで金賞受賞の唐揚げは、まさに絶品ですよ。

    ●うなぎせいろ




    喫茶メフィストフェレスの隣にある、高知市では知らない人がいないくらいのうなぎの有名店です。



    おすすめは、こちらの特Aうな丼¥3000です。



    このような感じで、二段重ねになっており、うなぎ一尾半が使われています。これは、リーズナブルですね。

    炭火焼きで、皮はパリパリ身はふっくらの絶品です。

    ●門田精肉店のコロッケ






    ひろめ市場の道を挟んで向かい側にある門田精肉店のコロッケやミンチカツは、高知市民が愛するご当地グルメです。

    以上、ひろめ市場の周辺隠れスポットでした。是非、ひろめ市場周辺も散策してくださいね。

    目次にもどる

    ■ひろめ市場へのアクセス




    ○土佐電鉄大橋通電停より徒歩3分

    ※帯屋町通りと大橋通りの交差点にあります。

    ■ひろめ市場基本情報




    住所:高知県高知市帯屋町2-3-1
    電話:088-822-5287
    営業:8時~23時 
    運営:有限会社ひろめカンパニー
    アドレス:office@hirome.co.jp

    目次にもどる

    ■通販で買えるひろめ市場グルメ


    最後に、ひろめ市場で食べた土佐のグルメをもう一度…という方に、通販で買える土佐グルメをご紹介します。詳細は各リンク先でご確認ください。



    明神丸の藁焼きたたきの風味が、冷凍便ならいつでも手軽に甦ります。土佐の藁焼きたたきの風味が忘れられない方におすすめします。

    ▼関連記事

    【土佐のカツオ漬け丼の作り方】明神水産の藁焼き鰹のたたきを使ったレシピ




    日本最後の清流・四万十川のうなぎはこちらです。




    高知県外では入手不可能なウツボのが通販ならいつでも楽しめます。




    田舎寿司も高知県外では、まず見かけることはありません。素朴な味わいはこちらから。

    ▼関連記事

    【土佐田舎寿司・高知名物】日曜市でも販売されている山の幸グルメの通販紹介

    【高知県民食いたどり】料理の作り方や食べ方から入手方法までご紹介




    懐かしい味わいのアイスクリンセットはこちらから入手可能です。

    それでは、みなさん、南国土佐のひろめ市場を隅から隅まで堪能してくださいね。